GEOパワーシステム:利用する地中熱って何ですか?

私達の足元に広がる大地は巨大な蓄熱層なのです。1年を通して昼夜繰り返される太陽による蓄熱と夜間冷気による放熱により地中内の温度は、その土地の平均気温とほぼ同じ温度になります。システムで利用しているのは、地中3.5~5m地点の温度を利用しており、外気と違いで温度変化が少なく地域の平均気温とほぼ等しいので、夏に冷たい、冬には暖かい熱が蓄熱されています。

GEOパワーシステム:利用している時、窓をあけていいのですか。

はい、結構です。春と秋では外気と室内の温度差がなくなる時期ですので開放していただいて結構です。夏、冬では、温度差がある時期は夏であれば熱い空気、冬であれば冷たい空気が室内に入ってきます。でも地中熱で壁、床、天井が一定の温度を保っていますので、少し開けたからといって急激な温度変化は御座いません。地中熱エネルギーは無料ですし、いくら利用しても無くなりません。基本的には、開放可能な閉鎖住宅をご提案しておりますので、お客様の体感、生活スタイル、に合わせて開放して頂いて結構です。

GEOパワーシステム:OMソーラーとどちらが得ですか。

これは、良くある質問なのですが皆様、太陽対地熱とお考えです。しかしどちらも地球環境、省エネルギーを考えたら素晴らしいシステムだと思います。太陽熱は冬場、一番暖気がほしい夜間、雪、曇りの日などは、当然お日様は顔を出していません。また、当然夏の冷気を太陽から得る事はほぼ不可能です。要は効果に対して何処までお金を掛けるかですね。システムとしては、冬場の太陽熱も利用することは出来ます。

GEOパワーシステム:換気システムの種類は何ですか?

GEOパワーシステムは第一種換気になります。これは、給気も排気も機械で、計画的な換気のできるシステムです。

GEOパワーシステム:地中でのパイプの強度と、地中がヘドロ状の場合の臭い、天然ガス、などが家の中に入って来ないの?

地中とはアルミパイプがコップ状になっている為、地中とは完全に遮断されています。神戸製鋼様よりのデータで土圧にも十分耐えられる強度があります。また、腐食対策として30系のアルミを使用(ある一定まで腐食が進むとそれ以上は進行しないという素材)、3,2ミリ厚の管を使用(アメリカで1,6ミリ厚のアルミ管で7ヶ所で土質、PHが違う場所の腐食テストを行ったところ、10年で1箇所の針の穴がみとめられた、2倍の厚さのアルミ管を使用)、表面にエピライト塗装(鋼管杭などの腐食を防ぐ塗料)という2重の対策をとっています。最低30年以上は大丈夫です。

GEOパワーシステム:地震が発生した場合、地中に埋めてあるパイプ、システムは大丈夫ですか?

今回の新潟中越地震がありましたが、新潟県の加盟店様にすぐ確認致しましたところ、建物、パイプ、システムのトラブルは御座いませんでした。地中の方が地震の影響は少ないと言われています。

GEOパワーシステム:リフォームでも導入できますか?

はい、規模にもよりますがリフォームで導入する事も可能です。その場合、効果を考えますと、断熱性・気密性による所が大きいので、住宅の性能を高める工事が必要になる場合もございます。スポットクーラー的な導入も可能です。

GEOパワーシステム:どんな建物にも導入できますか?

基本的にはどの様な建物にも導入する事ができます。効果を考えますと、住宅の性能が大きく関わってきますが、断熱、気密、建築手法に基づき日射等が考慮された設計と合わせて始めて効果が期待できます。自然エネルギーを利用する為には、確かな住宅性能が必要になります。

GEOパワーシステム:土地が狭くても導入できますか?

はい出来ます。当社の設計スタッフが狭い敷地でもお客様が希望されるプランのご相談に応じますので、導入は可能です。パイプを埋める時に電柱などを埋める、建柱車(2t)が必要になりますのでその車が入れば大丈夫です。

GEOパワーシステム:市町村地域は関係なく導入できますか?

基本的に、四季のある所、寒暖のある所ならば何処にでも導入可能です。地中熱の利用は、一年を通して寒暖が激しいほど有効です。パイプを埋める時に電柱などを埋める、建柱車(2t)が必要になりますのでその車が入れば大丈夫です。

ユニキューブ:価格は?

・1棟790万、外構50万屋外設備90万ですが、敷地の状況、水道、下水の状況により金額が異なりますので、

まずはお気軽にご相談下さい。

お問合せはこちらです。

ユニキューブ:ローンは組めるか?

・事業性のローン、消費者ローンなど、さまざまなローンがありますので、金融機関への対応方法のご相談に

乗らせて頂きます。