メイン

 

弥生時代の拠点集落は濠をめぐらせた例が多いことから
 
 
環濠集落とも呼ばれるそうです。
 
 
環濠集落.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(写真:環濠集落)
 
 
拠点集落の内部は高床主殿と付属建物で構成する祭場域を中心に
 
 
首長居館域、工房域、高床郡倉域、竪穴住居域等に区画されます
 
 
弥生時代の祭城は祖霊信仰や農耕儀礼を主としていたと思われているそうで、
 
 
墓域は環濠外に設ける例が多く、環濠内にある場合は隅に設け、
 
 
葬送儀礼用の高床祭殿や大型平屋祭殿を構える例があるそうです。
 
 
環濠集落の代表的な例である佐賀県吉野ヶ里遺跡(弥生後期)は、
 
 
首長居館域(南内郭)と主祭場(北内郭)それぞれに
 
 
濠と土塁・柵を巡らせて四辺に物見やぐらを建て、
 
 
集落全体をさらに中濠・外濠で囲う厳重な防御の構えを持っています。
 
 
吉野ヶ里遺跡.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(写真:吉野ヶ里遺跡 首長居館域(手前))
 
 
吉野ヶ里遺跡 北内郭.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(写真:吉野ヶ里遺跡 主祭場)
 
 
吉野ヶ里遺跡 物見やぐら.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(写真:吉野ヶ里遺跡 物見やぐら)
 
 
環濠.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(写真:吉野ヶ里遺跡 濠)
 
 
 
 
 
葉っぱライン.gif
 
 
 
 
 
弥生時代の建築の特徴とされるのは、梁間1間形高床建築だそうです。
 
 
梁間1間型高床建築は床を支持する技法の違いによって、
 
 
屋根倉式(ヤネクラ シキ)
 
 
造出柱式(ツクリダシハシラ シキ)
 
 
分枝式(ブンシ シキ)
 
 
際束式(キワヅカ シキ)
 
 
大引貫式(オオビキヌキ シキ)
 
 
の5形式があるそうで、
 
 
そのうち分枝・際束・大引貫式は縄文時代に遡ることが確認されており、
 
 
屋根倉式も縄文時代に遡る可能性があるとみられています。
 
 
 
 
 
 葉っぱライン.gif
 
 
 
 
 
 
弥生時代の水田開拓の進展に伴って新たに出現する住居形式には、
 
 
周堤式平地住居(シュウテイ シキ ヘイチジュウキョ)と
 
 
周溝式平地住居(シュウコウ シキ ヘイチジュウキョ)があるそうです。
 
 
両形式とも沖積平野に立地する集落の住居で、
 
 
基本的な構造は竪穴住居と同じなのだそうです。
 
 
登呂遺跡で竪穴住居とされている物が周堤式だそうです。
 
 
周溝式は伏屋根式平地住居の周囲に濠をめぐらす形式で、
 
 
主柱のない小型住居は濠のみが遺構として確認されるそうです。
 
 

 

日本建築史(1‐4) 巨大建築

|

 

今から6千年前を境に住居建築は急速な発展をみせ、
 
 
その後掘立柱建物という新しい形式の建築が発生し、
 
 
東日本全域にわたって集落遺跡が飛躍的に増加したそうです。
 
 
集落形態は
 
 
小型住宅1~2棟のキャンプサイト、
 
 
住居5~6棟で構成する一般集落、
 
 
10棟前後の住居と掘立柱建物、
 
 
墓域を備える拠点集落
 
 
があり、拠点集落を中心とした部族社会が各地に成立し、
 
 
部族社会が連合して土器形式を共有する広域文化圏を形成するまでになったそうです。
 
 
 
 
 
葉っぱライン.gif
 
 
 
 
 
一般集落や拠点集落は、住居を広場の周囲に環状に配置する環状集落が多く、
 
 
拠点集落では広場の中央を墓域とし、
 
 
墓域と住居の間に貯蔵穴や掘立柱建物を配置する形式が一般的なのだそうです。
 
 
また、住居域・貯蔵穴・墓域・広場を機能別にブロック配置とする例もあり、
 
 
その例として青森市三内丸山遺跡があります。
 
 
三内丸山遺跡.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 (写真:三内丸山遺跡)
 
 
また拠点集落級の大集落で墓域や掘立柱建物を伴わない場合は、
 
 
墓と掘立柱建物を集落外に祭場として独立させ、
 
 
祭場を部族連合社会が共有していたとも考えられる。
 
 
このような祭場遺跡跡例に栃木県宇都宮市根古谷台遺跡がある。
 
 
 
根古谷台遺跡.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(根古谷台遺跡)
 
 
簡単に言うと集落は校区、拠点集落は市町村、広域文化圏は県といったところでしょうか。
 
 
 
 
 葉っぱライン.gif
 
 
 
 
 
三内丸山の拠点集落に話がもどりますが、
 
 
この遺跡は東西道路を軸にして集落の諸機能を有機的に配置し、
 
 
生時代の環濠集落に通じる先進的な集落構成となっているそうです。
 
 
とくに注目されるのは3つの祭場域で、
 
 
桁行2間、梁域1間の高床祭殿郡で構成され、
 
 
中央祭場のみ両側に桁行3間の梁間1間型平屋祭殿が続いています。
 
 
建物の規模に関わらず、梁行1間、桁行1~5間とする
 
 
掘立柱建物遺構が縄文時代中期以降に多いらしく、
 
 
これらの遺跡は弥生時代の梁間1間型高床建築の平面と共通しており、
 
 
その構造形式は富山県小矢部市桜町遺跡(縄文中期末)や
 
 
東京都東村山市下宅部遺跡(縄文後期)での
 
 
出土の高床柱材によって明らかになったそうです。
 
 
 
桜町遺跡.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(写真:桜町遺跡)
 
 
しかし、梁間1間型の全てが高床建築ではないことが、
 
 
内部に炉を備え測柱間に壁痕跡を残す梁間1間型住宅を主体とする集落が
 
 
新潟県清水上・五丁歩遺跡(中期前葉)で発見され実証されたそうです。
 
 

 

日本建築史(1‐3) 定住集落

|

  

歴史の教科書に必ずと言っていいほど出てくる「竪穴式住居」ですが、
 
 
定住集落が成り立ったと考えられているのは、
 
 
今から約9千数百年年程前からだそうです。
 
 
それよりも少し話は遡りますが、
 
 
一万千年前に一度、桜島で大噴火が起きたとされているそうです。
 
 
その火山灰層のすぐ下の層から旧石器時代終末期の石器
 
 
文時代の土器・石器が出土されているそうです。
 
 
このことからこの時期が縄文時代の始まりとされているそうです。
 
 
 
 
 
 
葉っぱライン.gif
 
 
 
 
 
薩摩火山灰の上面の層には
 
 
草創期と同様の遺構・遺物を伴って壁立式竪穴住居54棟
 
 
2本の並行する道路を備えた国分市上野原遺跡(9千5百年前)などが発見されています。
 
上野原遺跡.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(写真:上野原遺跡)
 
 
住居は重複して建て替えられ、その規模に3㎡~12㎡の差があることなどから、
 
 
上野原遺跡は1期10棟前後でいずれも継続的に営まれた定住集落と推測されています。
 
 
上野原遺跡の住居は円形平面の壁立式平地住居内の中央に
 
 
方形平面の竪穴床面をもつ他に類例のない複合形式で、壁立式竪穴住居の亜流とされています。
 
 
 
 
 
 葉っぱライン.gif
 
 
 
 
 
日本列島北端の北海道では、鹿児島よりやや遅れてはいますが、
 
 
函館市中野A遺跡(八千年前)で40棟ほどの竪穴式住居の定住集落
 
 
成立していたことがわかり、谷を隔てて隣接する中野B遺跡(7千5百年前)には
 
 
600棟を超す竪穴住居が発見され、
 
 
長期にわたる大集落が営まれていたと考えられるそうです。
 
中野B遺跡.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(写真:中野B遺跡)
 
 
この竪穴式住居は円形平面で、7㎡~35㎡の規模に比例して主柱が増える形式なのですが、
 
 
これは、縄文時代前期以降、東日本全域に普及する竪穴式住居の基本形式なのだそうで、
 
 
早期中葉の北海道にその基本形式がすでに成立していたことが示されます。
 
 
 

 

日本建築史(1‐2) 住宅

|

  

今回は前回でも少しふれた日本の住居の始まりについて書こうと思います。
 
 
先史時代は考古学上の時代区分によれば
 
 
旧石器時代(BC50万年‐BC1万年)
 
 
縄文時代(BC1万1千年‐BC300年)
 
 
弥生時代(BC400年‐AC400年)
 
 
古墳時代(AC300年‐AC600年)
 
 
に分けられるそうです。
 
 
 
 
 
葉っぱライン.gif
 
 
 
 
 
 
氷河時代には洞窟や岩陰を利用した住まいだったそうですが、
 
 
氷河時代終末期の後期旧石器時代には気候の温暖化が進み、
 
 
平地での生活が始まったそうです。
 
 
 
大境洞窟住居跡.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
(写真:大境洞窟住居跡)
 
 
それに伴い平地住居になっていったとされているそうですが、
 
 
これは石器や石器片が直径2~5mに集中分布する範囲を平地住居跡とみなしているもので、
 
 
木材を円錐状に組み、獣皮などで覆うテント式構造の
 
 
伏屋式平地住宅であったとされているそうです。
 
 
この石器集中箇所の中には、深さが20~40㎝の小主柱を円形に配置するものや、
 
 
浅い竪穴面をもつ竪穴式住居が九州から北海道にかけて
 
 
いくつかの遺跡で発見されているそうです。
 
 
最近の発見例では石器集中範囲の床面を竪穴及び平地とし、
 
 
床面に深い主柱が検出されて、主柱付きの平地住居となる例が確認されたそうです。
 
 
このように、後期旧石器時代にはすでに縄文時代を通して存続する
 
 
平地住居や竪穴式住居の基本形式が成立していたのだそうです。
 
 
 
 
 
葉っぱライン.gif
 
 
 
 
 
洞窟・岩陰遺跡として、
 
 
岩井堂洞窟(秋田県湯沢市)
 
 
大境洞窟住居跡(富山県氷見市大境)
 
 
上黒岩岩陰遺跡(愛媛県久万高原町)
 
 
泉福寺洞窟(長崎県佐世保市瀬戸越町)
 
 
栃原岩陰遺跡(長野県南佐久郡北相木村)
 
 
福井洞窟(長崎県佐世保市吉井町)
 
 
があります。
 
 

日本建築史(1‐1)

|

  

建築史の分野で、前回は西洋建築史に少し書きました。
 
 
今回は日本建築史について書こうと思います。
 
 
日本建築史の研究は、伊東忠太(イトウ チュウタ)によって研究が始められたそうです。
 
 
彼は1892年、帝国大学の工科大学造家学科(現在の東京大学工学部)を卒業して
 
 
大学院に進み、日本建築史の研究に取り組んだそうです。
 
 
ちなみに、法隆寺を学問的に「日本最古の寺院建築」として示したのも伊東忠太だそうです。
 
 
 
 
 
葉っぱライン.gif
 
 
 
 
 
日本最古の寺院建築は法隆寺。
 
 
日本最古の住居といえば竪穴式住居でしょうか
 
 
実は日本人はもともと洞窟や岩陰を利用していたそうで、
 
 
平地に住居を建て始めた時は竪穴ではなく、
 
 
平地にそのまま家を建てていたそうです。
 
 
 
 
 
 
葉っぱライン.gif
 
 
 
 
■□今週の予定□■
23日(今回)         日本建築史(1-1)
24日(次回)         日本建築史(1-2)住居
25日                    日本建築史(1-3)定住集落
26日                    日本建築史(1-4)巨大建築
27日                    日本建築史(1-5)環濠集落・高床式倉庫
 
 

バナーエリア