メイン

和風、アジアンスタイル

|

 

和風スタイル
 
ライン 水色.jpg
 
 
 
和風スタイルは私たち日本人にとって最も身近なスタイルだと思います。
 
 
しかし、近年は西洋のおしゃれな家具を飾った部屋などが人気となっています。
 
 
和風といっても、昔から生活様式である「畳に座る」生活にこだわったものではなく、
 
 
カントリーやモダンを取り入れたスタイルもあります。
 
 
和風の代表的なアイテムには、畳や障子、すだれなどがあります。
 
 
テーブルや椅子などの現代的な暮らしのスタイルに、
 
 
これらのアイテムや藍染めなどの布製品や骨董品を組み合わせた
 
 
静かなたたずまいの部屋を民芸風といいます。
 
 
民芸風の部屋の家具は品の良い和家具で揃え、背丈の低いものを選ぶと、
 
 
部屋が重たい雰囲気にならず、落ち着いた空間になります。
 
 
また部屋のつくりや建具などは日本の伝統的な工法のままで、
 
 
和にこだわったインテリアではなく、
 
 
モダンなデザインの家具やインテリアに障子などの和アイテムを取り入れた
 
 
和洋の調和が重視されたスタイルを和風モダンといいます。
 
 
和風スタイルの部屋の床には、竹のフローリングや肌触りのいいイグサの畳が主流で、
 
 
天井や壁は布製のクロスでまとめると、落ち着いた空間になります。
 
 
 
 
 
葉っぱライン.gif
 
 
 
 
 
アジアンスタイル
 
青色ライン.jpg
 
 
 
アジアンスタイルとは、中国や韓国はもちろん、インドネシア、インド、
 
 
タイなどのアジアの国々の伝統工芸品や民芸品や家具でまとめられている
 
 
独特の雰囲気が特徴です。
 
 
アジアンスタイルの部屋の特徴は、バンブーや麻などの素朴な自然素材や、
 
 
伝統的な民芸家具、織物により、落ち着いた雰囲気のスタイルです。
 
 
床の素材はサイザイル麻、天井にも麻の素材を用いるとシックな雰囲気になります。
 
 
このスタイルの部屋の色調は、ブラウンが基調色であり、
 
 
安らぎや落ち着き、自然を感じさせますが、
 
 
微妙な色遣いにより重苦しくなることがあるので注意してください。
 
 
アジアンスタイルには様々な国のスタイルがありますが、
 
 
若い人中心に人気があるのがエスニックスタイルです、
 
 
このスタイルは国を限定せずに、アジア各国の民芸品や家具などで、
 
 
いろいろな国が混在している無国籍風の独特の雰囲気のスタイです。
 
 
国によって素材や雰囲気が変わってくるので、
 
 
同じ国の民芸品や家具で統一するとまとまった感じになります。
 
 
 
 

 

ミッドセンチュリースタイル
 
緑色ライン.jpg
 
 
 
ミッドセンチュリーとは世紀の真ん中という意味であり、
 
 
1950年を中心とする1940~1960年代のことを指します。
 
 
この時代には第二次世界大戦の需要産業によりさまざまな新素材が開発され、
 
 
また工業発達により大量生産が可能となったことに影響され
 
 
多くの才能のあるデザイナー達によって
 
 
斬新なデザインで機能的かつローコストな家具が生み出されました。
 
 
この時代のデザイナーには、
 
 
チャールズ&レイ・イームズ
 
 
アルネ・ヤコブセン
 
 
ル・コルビジェ
 
 
ハンス・J・ウェグナー
 
 
柳 宗理
 
 
などがいます。
 
 
ミッドセンチュリースタイルとはこれらのデザイナーによって作られた家具や
 
 
その時代の雑貨などでレイアウトされた部屋のことをいいます。
 
 
 
 
 
 葉っぱライン.gif
 
 
 
 
 
カントリースタイル
 
ライン 黄緑.jpg
 
 
 
カントリースタイルとはその意味の通り田舎風の部屋のことをいい、
 
 
田舎暮らしに合ったカジュアルなスタイルの部屋のことをいいます。
 
 
クラシックスタイルのような高級感は全くなく、
 
 
自然素材を使った素朴で温かみのある部屋です。
 
 
カントリースタイルにはヨーロッパカントリーとアメリカンカントリーの2種類があります。
 
 
どちらの部屋にも共通するのが素朴なものを使った
 
 
手作り感溢れる雰囲気が特徴だということです。
 
 
ヨーロッパカントリーの部屋の特徴は、
 
 
イギリス庶民の田舎風の部屋で、
 
 
オークやパイン素材の家具などにハンドペイントを施してドライフラワーを飾るなど、
 
 
手作りによるぬくもりのある部屋です。
 
 
これに対し、アメリカンカントリーの部屋の特徴は、
 
 
アメリカ開拓時代の機能性のある荒削りな素朴間のあるインテリアスタイルです。
 
 
カントリースタイルの部屋の色調は、
 
 
木のぬくもりを感じられるブラウンを基調とし、
 
 
アクセントに黄色や青のストライプをつかったり、
 
 
トールペイントなどの手作り感のある色味を使います。
 
 
 

 

モダン・クラシックスタイル

|

  

モダンスタイル
 
橙色ライン.jpg
 
 
 
モダンスタイルとは国や文化によっての分類はなく
 
 
飾り気のない、直線的で斬新なデザインのインテリア
 
 
まとめられた部屋のことをいいます。
 
 
モダンスタイルには、イタリアンモダンやフレンチモダン、
 
 
インターナショナル、ロンドンミニマリズムなどのたくさんの種類があります。
 
 
この中でも日本で人気のあるスタイルはイタリアンモダンスタイルだそうです。
 
 
このスタイルのインテリア雑貨は少々値段が張りますが、
 
 
シンプルで高級感のあるアイテムや遊び心のある斬新なデザインや色の小物など選んで、
 
 
自分流のモダンな部屋を作ることが出来ます。
 
 
モダンスタイルの部屋の色調はモノトーンがベースで、
 
 
デザイナーズ家具との組み合わせにより、クールな空間を演出しています。
 
 
床の素材は大理石、壁にはホワイトのクロスや石を使うこともあります。
 
 
 
 
 
 葉っぱライン.gif
 
 
 
 
 
クラシックスタイル
 
茶色ライン.jpg
 
 
 
クラシックスタイルとは、中世~近世のヨーロッパの伝統的な宮殿の
 
 
古典的な装飾様式を取り入れた格調高いスタイルのことを言います。
 
 
クラシックスタイルの特徴は、テーブルや椅子などの家具に猫足が使われていて、
 
 
華やかな柄をあしらった色味の深いカーテンなど、
 
 
あらゆる家具や小物において豪華さと格式のある優雅な雰囲気のスタイルです。
 
 
このクラシックスタイルは、ヨーロピアンクラシックと
 
 
イングリッシュまたはアメリカントラディショナルなどに分類されます。
 
 
ヨーロピアンクラシックとは、ルネッサンスやバロック、
 
 
ロココそれぞれの装飾様式に典型的な重厚さを加えたスタイルのことをいいます。
 
 
イングリッシュトラディショナルとは、
 
 
重厚感あふれるアンティーク家具や、
 
 
バラなどの華やかで気品のある柄のファブリックを中心とした
 
 
イギリスの伝統スタイルのことを言います。
 
 
アメリカントラディショナルとはイングリッシュトラディショナルの
 
 
クラシックスタイルの特徴をおさえつつ、
 
 
アメリカ風の親しみやすい雰囲気にアレンジしたスタイルのことをいいます。
 
 
このスタイルの色調はダークブラウンを基調とした暖色系です。

 

 

 

シンプル・ナチュラルスタイル

|

 

シンプルスタイル
 
白色ライン.jpg
 
 
 
シンプルを直訳すると「飾り気のない、単純なさま」という意味です。
 
 
この意味の通りシンプルスタイルの部屋は飾り気のない
 
 
家具のデザインも曲線を使わない
 
 
カラフルな色は使わないというのが特徴です。
 
 
このシンプルスタイルの部屋は、
 
 
合板やプラスチック、スチールなどの現代的な素材を使う、
 
 
フォーマルで飽きのこないスタイルです。
 
 
また、シンプルな家具で統一されているわりには、
 
 
アイボリーのような柔らかい色調のものを使っているため、
 
 
クールではなく温かみが感じられる部屋の雰囲気となっています。
 
 
シンプルスタイルとモダンスタイルの中間に位置する北欧スタイルは、
 
 
プラスチック素材の家具絵御使用した場合モダンスタイルに分類されます。
 
 
この他にヨーロピアンシンプルスタイルもあります。
 
 
 
 
 
 
 葉っぱライン.gif
 
 
 
 
 
ナチュラルスタイル
 
橙色ライン.jpg
 
 
 
ナチュラルスタイルとは、「ナチュラル=自然、天然」の意味の通り、
 
 
木の素材を使った家具を中心に、自然素材の小物などを使った、
 
 
明るくてぬくもりのあるスタイルのことを言います。
 
 
このナチュラルスタイルは、自然素材である木の質感と生成りやベージュ、
 
 
アイボリーといった色調を基調とした明るくて癒される空間で、
 
 
インテリアスタイルの中で最も人気のあるスタイルです。
 
 
ナチュラルスタイルには北欧(自然素材の家具を使用した場合)スタイルや
 
 
サンタフェスタイルなどの種類があります。
 
 
北欧スタイルとは、無垢の木や曲がり木、布、籐、イグサなどの自然素材を使った
 
 
ヨーロピアンな雰囲気を持つ、
 
 
シンプルかつ実用性に富んだデザインが特徴のスタイルです。
 
 
サンタフェスタイルとはスペイン文化とインディアン文化とが融合したスタイルで、
 
 
スペイン風の木の家具やインディゴや草木染めのコットン、
 
 
テラコッタなどを組み合わせた、くつろいだ雰囲気が特徴のスタイルです。
 
 
床はクリア塗装のフローリングで、壁と天井はシンプルな城の壁紙を使います。
 
 
すっきりしすぎないために観葉植物などを置くとアクセントになり、
 
 
物足りなさを解消できるようです。

 

インテリアスタイル

|

 

インテリアについて、色と方角について書いてきましたが、
 
 
色を統一しても、家具や小物のデザインがばらばらでは、
 
 
せっかくまとめた部屋も意味がなくなります。
 
 
部屋に統一感を持たせるには色だけではなく、
 
 
家具や小物のデザイン、
 
 
つまりインテリアスタイルで統一することが求められます。
 
 
 
 
 葉っぱライン.gif
 
 
 
 
 
インテリアスタイルには大きく分けると
 
 
シンプルスタイル
 
ナチュラルスタイル
 
モダンスタイル
 
クラシックスタイル
 
ミッドセンチュリースタイル
 
カントリースタイル
 
和風スタイル
 
アジアンスタイル
 
 
などがあります。
 
 
今回はインテリアスタイルについて書いていきたいと思います。
 
 
 
 
 葉っぱライン.gif
 
 
 
 
 
■□今回の予定□■
13日(今回)  インテリアスタイル
15日(次回)  シンプル、ナチュラルスタイル
16日       モダン、クラシックスタイル
17日       ミッドセンチュリー、カントリースタイル
18日       和風、アジアンスタイル
 
 

 

縁起木 西・北西

|

 
 
 
今回は西と北西に植えるといいと言われている木について書きます。
 
 
西は低木、松、竹、ナツメなどを植えるといいそうです。
 
 
松の語源は齢を保つことから、「たもつ」の略転だそうで、
 
 
行く末を待つ意味の「まつ」がかけられているそうです。
 
 
また、神が木に宿るのを待つことから「まつ」など、様々な説があるようです。
 
 
竹はその生態から、成長や多産、開運などを象徴するのだとか。
 
 
ナツメは「棗」という字を書くのですが、この漢字は中国で「zao」と発音するそうです。
 
 
これは「早」の中国読みと同じ発音であるため、多くの子供が早く授かると言われているそうです。
 
 
ナツメの実は漢方薬としても使われるそうです。
 
 
また、この方角は金運や財産運に関係しているらしいので、
 
 
千両や万両を植えるのもいいかもしれません。
 
 
ちなみに、この方角に桃や桜を植えてはいけないそうです。

 

 
 
 
 
 
木雲草原ライン.gif
 
 
 
 
 
北西は主木(大樹)、高木、常緑樹がいい。
 
 
主木とは樹齢が長く、中高木であり、他の植物より高木に仕立ててある木のことです。
 
 
例として、松、杉、クロガネモチ、カシ、イチイがあげられます。
 
 
杉は他の木に比べて寿命が長いためだそうです。
 
 
クロガネモチは苦労が無い金持ち。または「苦労シテカネモチ」。立身出世の木としていいそうです。
 
 
カシは表庭にカシを植え、裏庭にカリンを植えて、「金は貸すけど、借りん」で縁起がいいそうです。
 
 
イチイは神官が持つ笏(シャク)の材料に用いたので、一位の位にちなんだ名前。
 
 
成功や目的達成の記念樹にいいそうです。
 
 
この方角では柳や梅を埋めること、また家と木の近接伐採はよくないそうです。

 

 

縁起木 南・南西

|

 

今回は南と南西に植えるといいと言われている木について書きます。
 
 
南は低中木や落葉樹を一対の木(同じ木を日本植える)にするといいそうです。
 
 
例としてはなどが当てはまるようです。
 
 
紅梅と白梅を並べたら綺麗ですよね。(^^*)
 
 
梅は松竹梅としてめでたい樹木のなかに含まれます。
 
 
これは中国の「歳寒三友」が日本に伝わったものと言われています。
 
 
また、南は一日の中で最も陽が当たる方角であるため、
 
 
大樹や高木は植えない方がいいそうです。
 
 
南に落葉樹を植えると良いとされるのは、
 
 
夏は葉が生い茂り涼しく、冬は葉が落ちて家の中に陽が入るからだそうです。
 
 
あまり意識はしていませんが、
 
 
古民家などの南にある木はたいてい落葉樹ではないでしょうか。
 
 
 
 
 
木雲草原ライン.gif
 
 
 
 
 
南西は北東と同じく南天や柊、ヤツデを植えると良いそうです。
 
 
また南と同じく陽が当たる方角なので、低中木や落葉樹もいいのだとか。
 
 
薬木(ハーブなど)も植えるといいそうです。
 
 
ツゲやモンタナマツなど垣根になるも樹木も良いようです。
 
 
大樹や繁茂の類は良くないそうで、
 
 
木を植える際も北東と同じく家と木の接近は駄目なのだとか。
 
 
 
 
ちなみに、表鬼門(北東)に柊、裏鬼門(南西)に南天を植えるのがいいそうです。
 
 
 

 

縁起木 東・南東

|

 

今回は東と南東に植えるといいといわれている木について書きます。
 
 
東には低木で赤い実のなる木がいいそうです。
 
 
柿やヒメリンゴなどが該当します。
 
 
柿は「お金をかき集める」といい、
 
 
ヒメリンゴは無数の実をつけるため、幸多かれと願うためにいいそうです。
 
 
逆にソテツ(鉄は「お金を失う」と書くため)はあまり良くないそうです。
 
 
 
 
 
木雲草原ライン.gif
 
 
 
 
 
南東には低中木で香りのする木がいいそうです。
 
 
金木犀や沈丁花、クチナシなどがいいみたいです。
 
 
キンモクセイは名前から「」を連想することから、金賞や金メダルにかけて、
 
 
勝利祈願や合格祈願に用いられることもあるそうです。
 
 
また、虫が付かないそうなので、庭に植えるには最適かもしれないですね。
 
 
金婚式に送ってもいいそうです。
(銀木犀も「銀」を連想することからいいそうです)
 
 
ジンチョウゲは中国からはいってきた木だそうです。
 
 
中国で語り継がれている話が由来するそうですが、
 
 
瑞香といって昔から縁起がいいといわれているそうです。
 
 
クチナシは「口無し」から「黙々と夢の実現に励む」といわれ、好まれるそうです。
 
 
熟しても実が割れないことからこの名前がついたそうです。
 
 
こちらもソテツはよくないみたいです。
 
 
 
 
 
木雲草原ライン.gif
 
 
 
 
 
ソテツはそんなに良くないのかという見方になりそうですが、
 
 
本来ソテツは縁起の悪い木ではないそうです。
 
 
江戸時代初期は権力の象徴として大名庭園などに良く植えられたそうです。
(昔は、南国の植物を持ってこられる財力のある人でないと蘇鉄は植えられなかったのですね。)
 
お金が溜まらないというのは
 
 
「ソテツに釘(カネ)を打ち込むとよく育つ」ということわざからきているそうです。
(縁起担ぎはやはり俗信どまりなのかもしれないですね)
 

 

縁起木 北・北東

|

今回は北・北東に植えるといいと言われている木について書きます。
 
 
まずは北から。
 
 
北には大樹、高木、常緑樹、竹類がいいそうです。
 
 
月桂樹やユズリハなどでしょうか。
 
 
月桂樹は勝利の木なんだそうです。
 
 
由来は、古代ギリシャでは競技の勝利者に月桂樹の冠が渡されたからなんだとか。
 
 
オリンピックでもそうですよね。
 
 
ユズリハは代を「ゆずる葉」が語源なんだそうです。
 
 
新芽が出てから古い葉が散ることからこの名前が付いたそうです。
 
 
北のラッキーカラーが白やピンクらしいので、桜や桃でもいいかもしれないですね。
 
 
ただ、赤い花をつける木は駄目らしいです。
 
 
また、竹は北に植えると良いと言われていますが、
 
 
100年に一度白い花を咲かせて一気に枯れるそうなので、
 
 
その花を見ると不吉と考えられることもあるみたいです。

 
 
 
木雲草原ライン.gif
 
 
 
 
 
北東には南天、柊、ヤツデ等の低中木を家から離して植栽するといいそうです。
 
 
高木や生い茂る木は駄目だそうです。
 
 
南天は「難を転ずる」といった言葉遊びのような理由ですが、「言霊」としてそうなったそうです。
 
 
柊は厄除けといった意味があるそうです。
 
 
昔から刺のあるものは、魔除けや厄除け効果があるとされているそうです。
 
 
ちなみに語源は「疼らぐ(ひいらぐ)」からきたそうです。
 
 
ヤツデは葉が「末広がり」だからだそうです。
 
 

 

縁起木

|

 

皆さんの家の庭に、木はありますか?
 
 
木のある庭に面した部屋では、夏は涼しく、
 
 
冬は雪の積もった木を眺めることができます。
 
 
季節によって表情が変わる木は見ていて楽しく趣がありますよね。
 
 
先週の最後に、「鬼門に植えるといい木」として、いくつか木の種類を書きました。
 
 
迷信の域を出るわけでもありませんが、
 
 
「縁起」を出されるとついつい気になってしまいますよね。
 
 
昔から縁起を担ぐ日本ですが、
 
 
方角に対して植えてもいい木と悪い木があるそうです。
 
 
今回は方角別に、縁起のいい木を書いていきたいと思います。
 
 
 
 
 
葉っぱライン.gif
 
 
 
 
 
 
■□今週の予定□■
16日(今回)         縁起木
17日(次回)         縁起木 北・北東
18日                    縁起木 東・南東
19日                    縁起木 南・南西
20日                    縁起木 西・北西
 
 
 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア