メイン

村上家

|

 

前回まで、富山県産材について書きましたが、
 
今回は県内でも古くから残っている木造建築について書きたいと思います。
 
五箇山・白川郷の合掌造りは有名な観光スポットです。
 
この場所の一角に、現役で利用されている木造建築物として「村上家」があります。
 
この村上家は江戸時代中期に建てられたと推定されています。
 
伝承では天正6年、或いは8年など400年前に建てられたとしていますが、
 
工法や間取り、壁等から300年前・江戸中期と考えられているそうです。
 
 
 
■村上家概要■
4階建て
茅葺
桁行10.7
奥行き20.4
高さ10.9(大体3階建てのビルや学校の高さ)
以上の規模の大型合掌造り住宅です。
 
 
 
カスガイや釘など建築金物は一切使用せず、縄とネソ木など自然素材のみで結束し、
 
壁も土壁ではなく板壁で構成されています。
 
現在は五箇山の主産業であった煙硝製造・和紙製造・養蚕製糸の諸用具など、
 
数千点の史料な内部に展示され一般公開されています。
 
村上家住宅は五個山に残る江戸時代中期の合掌造り住宅として
 
国指定重要文化財に指定されています。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
■村上家■
 
富山県南砺市上梨725
 
年を通して見学可能(有料・現金のみ)
 
水曜日は休館(祝日、GW、年末年始、お盆は開館)
 
JR城端線城端駅から加越能鉄道バス五箇山・白川郷方面行きで34分、上梨下車
 
無料駐車場有

 

マスヤマスギ

|

 

今回はマスヤマスギについてです。

 

こちらもあまり聞きなれない種類かもしれません。
 
 
主な生産地域は砺波になります。
 
 
材質はおおむね赤褐色で、硬く、狂いにくいようです。
 
 
他県産材平均よりも強いです。
 
 
主な用途として、建築材(造作材、柱材等)や建具材、木工材が挙げられます。

運動後の足のケア

|

運動後の足のケア

~「大地の風」より~

気温も下がり過ごしやすくなり、身体を動かすのにいい季節になりました。

ウォーキングをはじめたり、子供の運動会など走る機会も増えますね。

運動前のウォームアップはしても、クールダウンはついおろそかにしていませんか?

筋肉の疲労物質がたまって、次の日や数日たって痛みが出てくるのは経験があると思います。

今回は運動後の足のケアを紹介します。

座って行うのでテレビを見ながらでも、しっかりケアしてあげましょう。

 

 

足全体のマッサージ

心臓に一番遠い足裏からマッサージしていきます。

次にふくらはぎですが、ゆっくり足首からひざへ向かい優しくマッサージします。

大腿部は膝から股間に向かって全面、側面、裏面と分けてゆっくりおこないます。

 

足首を回す

座って片足を太腿に乗せて足先を持ちゆっくりまわします。

右回り、左回りで両足回します。

次に両手で、足裏のかかとから足踏まずをゆっくり押さえてやりましょう。

 

足全体の裏側を伸ばす

両足を広げて腰をのばして座り、片方ずつゆっくり身体を前に倒し、

伸ばした手で足の指先に手が届かなければ、タオルを足裏にかけて足してあげましょう。

このとき膝を曲げないことが大事です。

身体を前に倒すことで足裏からふくらはぎ、大腿部裏が伸びた感じがあればOKです。

両足何回か、呼吸を止めないようにして無理せず行いましょう。

 

 

 

 

 

 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア