メイン

ボカスギ

|

今回はボカスギについて。

 

タテヤマスギと比べると、あまり聞きなれない種類かもしれません。

 

ボカスギは小矢部市や氷見市等、県西部地域での生産が主となっています。

 

色は赤褐色や濃赤褐色で、他県産材と比べて強度は少し弱いですが、

 

加工がしやすく、薬剤の注入が容易だそうです。

 

主に、造作材、壁材などに使用されており、以前は電柱柱にも使用されていたそうです。

タテヤマスギ

|

 

 

富山を代表するスギといえば、一番に思い当たるのはタテヤマスギですね。

 

このタテヤマスギは、県東部地域で生産されています。

 

木材の材質は灰褐色あるいは濃赤褐色です。

 

年輪幅が小さめで固く、木目がはっきりしているのが特徴で、

 

強度については木材の中でも平均値より強く、横からの力に強いそうです。

 

このタテヤマスギは主に、柱などに使われます

富山の木・・・

|

 

日本で住宅といえば、木造が多くを占めます。

 

富山も例にもれず、木造が多いですが

 

家に使う木といえば・・・皆さんは何を想像されますか?

 

スギのイメージが多いのではないでしょうか。

 

確かに、富山とは言わず、全国的にスギが使われる割合が多いです。

 

さて、そのスギですが、種類も様々です。

 

富山でも代表するスギがありますので、次回はそのスギの種類についてご紹介します。

 

 

 

空き家バンク

|

お久しぶりです。

前回からずいぶんと時間が空いてしまいましたが、これからまた更新していきます。

よろしくお願いします。

 

さて、今回は空き家バンクの話です。

昨年の11月8日の記事で、新築が増えていく一方で空き家も増えていると書きましたが、

この空き家を活用するために、全国各地で政策がなされています。

富山県でも「くらしたい国、富山」として、市町村別の空き家情報が提供されています。

 

富山県内で空き家情報を提供している市町村は以下の通りです。

富山市、射水市、高岡市、氷見市

小矢部市、舟橋村、滑川市、魚津市

砺波市、南砺市、立山町、入善町

 

ちなみにこの空き家情報バンクとは、空き家や空き地を賃貸あるいは売却したいという持ち主と、

その空き家や空き地を購入した地という方達の仲介を市が行ってくれるシステムです。

 

なんとかしたい!夏バテ

|

何とかしたい!夏バテ

~「大地の風」より~

夏バテしないで残暑を乗り切るためのポイント

 

今年は猛暑が続き、本当に暑かったですね。

9月に入り、なんだかだるい、食欲がない・・・なんてことはありませんか?それは夏バテかも。

近年の夏バテは冷房の冷えた室内と暑い屋外の温度差に、

身体がうまく対処できずに自律神経が乱れてしまうことが多いと考えられています。

今年は夏バテを予防し残暑をのりきるための工夫を紹介します。

 

適度な運動をする

だるいのに運動?と思われるかもしれませんが、身体を動かして適度に汗をかき、

体温調節機能を取り戻してあげましょう。朝晩の涼しい時間帯にちょっと散歩するだけでも効果がありますよ!

 

夏バテにいい食べ物を摂る

暑い時は、そうめんや冷麺など冷たくてのど越しの良い炭水化物を多くとりがちですが、

ビタミンB1、B2、クエン酸がなければエネルギーに変わりません。

ビタミンB1、B2は豚肉やレバーなど、クエン酸は梅干しやレモンなどに含まれます。

 

ぐっすり眠るために

38℃~40℃くらいのぬるめのお湯に、ゆっくりみぞおちまでつかる半身浴がおススメです。

寝る前に軽く身体を伸ばしたり、手足を伸ばす軽いストレッチをすることで、

副交感神経に働きかけ眠りやすくなります。

 

夏バテに強くなる空間づくり

エアコンによる冷え過ぎた室内環境をつくらないことも大事です。

夏バテの大敵は外気との温度差!エアコンの設定温度は28度程度を目安とし、

室内と外気の温度差を5度以内にするように心がけましょう。

 

 

台風前の安全点

 

貴方の家は大丈夫ですか?

 

もうすぐ本格的な台風シーズンに入ります。

毎年、台風の風が強くなってから、あわてて家の補修に取りかかり、ケガをするニュースを目にします。

そんなことにならないように、事前に家の周囲の安全点検をして、

掃除や補修を行い、少しでも被害を抑えたいですね。点検する箇所は以下の5箇所です。

 

屋根

屋根瓦のズレやヒビ、割れていたりはがれていないか、確認します。

トタンはめくれたりはがれたりしていませんか?

ただし、屋根は大変危険ですので、修理の必要があればプロの業者にお願いしましょう。

 

雨どい

雨どいが詰まると、雨水があふれてしまいます。落ち葉や泥などを取り除きましょう。

継ぎ目が外れていないか、ガタつきなども点検します。

 

窓周辺

夏に使ったすだれやよしずは取り外して片付けましょう。

同じように緑のカーテンなども取り除きます。

雨戸があればレールを掃除して、開閉がスムーズにできるか確認しておきましょう。

 

家の外周辺

家の周りの側溝や排水溝を掃除しておきましょう。

プロパンガスのボンベがしっかり固定されているかも確認しましょう。

 

ベランダ

鉢植えや小物、物干しざおなどはしっかり固定するか、室内に入れておきましょう。

排水溝はしっかり掃除しておきましょう。

 

いざという時の為に

懐中電灯の電池の予備や、飲料水の備蓄をしておき、

実際に台風が近づいてきたら、外出を控えて台風情報を聞きましょう。

 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア