メイン

梅雨時期のカビ対策

|

梅雨時期のカビ対策

~「大地の風」より~

そろそろ梅雨の季節に入ります。水分が多いこの時期は植物や動物にとって大切な時期です。

しかし暑くて湿度が高くジメジメすると、家の中のカビが気になります。

なるべくカビを作らず快適に暮らしたいですね。

近年の住宅は高気密&高断熱が主流で、人が過ごしやすい環境なのですが、

実はカビにとっても増殖しやすい環境とも言えます。もともと空気中を漂っているカビの胞子はこの時期、

条件がそろうことにより大量に増殖を始めます。

その条件とは20℃~30℃の気温、ホコリなどの有機物、酸素、そして空気中の水分が多いことなどです

カビを防ぐためにはお掃除でカビの栄養となるほこりなどの有機物のお掃除が大切です。

具体的には、カビの栄養となるホコリなどの有機物のお掃除が大切です。

部屋の隅などカビの発生しそうな場所は、まめに掃除機をかける、洗面所は使ったら拭き取る、

お風呂などは見えない石鹸カスが飛び散っているので、水をかけるなどして、こまめな掃除を心がけましょう。

 

除湿でカビの元気を断つ

窓を開けたり、換気扇を回して換気しましょう。

水槽や鉢植え、洗濯物など湿気のもとをできるだけ室内に置かないようにします。

特にカビは空気の動かない場所を好みます。

押し入れや下駄箱、クローゼットなどは注意して、

湿気取りや除湿機などで積極的に除湿することが大切です。

また、カビは紫外線に弱いため、布団を干すと湿気もとれていいですよ。

 

カビ取りは

早めの対策が大事ですが、カビが発生してしまったら、

塩素系漂白剤をしみ込ませた雑巾で拭き上げます。

頑固な場合は、カビ取り剤を使用します(注意書きに基づいて使用してください)。

奥までしみ込んだ黒いカビは、カビ取り剤を吹きかけた後、ラップして、

半日から一日置いて水で流すといいでしょう。

また消毒用エタノールをしみ込ませた布で拭くとカビが死滅し、発生しにくくなります。

 

 

梅ジュースをつくろう

そろそろ青梅の出回る時期になりました。

暑くて体が何だか重いなあと言う人にも疲労回復効果のあるクエン酸がたっぷり入っています。

子供たちにも人気の梅ジュース。お家で作ってみませんか?

 

~作り方~

材料:青梅1キロ、氷砂糖1キロ

 

1梅を入れる便をよく洗う

便をよく洗って、沸騰するか、焼酎やホワイトリカー等を含ませた布やキッチンペーパーなどで、

便の口や内側をよく拭き、殺菌しておきます。

 

2梅の下処理

梅を手に入れたらなるべく早く作り始めましょう。流水でよく洗います。

梅にはへそと呼ばれる木の枝のカスがくっついています。へそを竹ぐしや楊枝などで取り除きます。

清潔な布やキッチンペーパーなどで綺麗に水分をとります。

 

3材料をビンに入れる

ビンに梅と氷砂糖を交互に入れます。一番上には氷砂糖がくるようにします。

冷暗所に保存します。

(※たまに瓶をゆすると早まります。冷蔵庫には入れない方がいいでしょう)

 

4梅を取り出す

氷砂糖が溶けてしわしわの梅が上に浮いてきたら、梅を取り出します。

(気温にもよりますが1ヶ月ぐらい)常温でも補完できますが、発酵を抑えるため、冷蔵庫で保存しましょう。

※材料にお酢を200ml入れると少し酸味が増えてまた美味しいですよ。

 

5美味しい飲み方

冷水や炭酸で好きな濃さに割ってお飲みください。そのままヨーグルトやかき氷にかけても美味しいですよ。

料理の隠し味にもいいですね。

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア