« 成人の日 | メイン | トイレのフタ »

積雪荷重

 

 

積雪によって建物に加わる荷重のことをいい、雪荷重ともいいます。

日本には雪国と呼ばれる雪の多い地域と、その他の雪の少ない地域があります。

雪国の多い地域は、冬の間は常に屋根に雪が積もっているので長期荷重として扱い、

逆に雪の少ない地域では短期荷重として取り扱われます。

雪は、屋根全体に等しく積もる場合と、雪の積もり方が違う場合があります。

雪荷重を考えるときは全体に等しく積もった場合と、偏って積もった場合の

両方について検討します。

 

 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア