« 周波数 | メイン | 成人の日 »

日本の玄関ドアは外開きが多い

keikan_0043.jpg

 

 

 

みなさんの家の玄関ドアは外開きですか、それとも内開きでしょうか。
 
 
もしかしたら引き戸かもしれません。
 
 
日本の家の玄関ドアは多くの場合外開きとなっています。
 
 
これには日本の文化が関わってきます。
 
 
日本は家にあがるとき、靴を脱ぎますよね。
 
 
玄関には靴の収納スペースがあると思いますが、
 
 
それでも日常的に使っている靴などがそのまま揃えておいてあったりします。
 
 
内開きのドアだった場合、靴がドアの障害物になってしまいます。
 
 
また内開きにすると、最低でも人ひとりが玄関に立ったまま
 
 
ドアの開閉が可能である広さを玄関に求めなければいけなくなります
 
 
もともと家の規模が小さい日本では、
 
 
住居スペースを少しでも広くするために玄関ドアは外開きにすることが多いようです。
 
 
また、引き戸も同じ理由ですね。
 
 
それに対し欧米諸国は内開きの玄関ドアが一般的です。
 
 
これも文化の違いですが、玄関のドアは防犯の意味も兼ねています。
 
 
もし家を訪ねてきた人が不審者であった場合、
 
 
内側から体ごと全体重を押し付けてドアを閉めるのと、
 
 
手の力だけでドアを引いて閉めるのでは力の差が生まれますよね。
 
 
また、空き巣についてですが、カギをこじ開けるピッキング同様、
 
 
バールなどでドアをこじ開ける空き巣も犯罪例として多いそうです。
 
 
バールを射し込んでドアをこじ開ける場合、そのドアが外開きでなければできません。
 
 
防犯面でいえば、外開きよりも内開きの方が優れているのかもしれません。
 
 
では防災面ではどうでしょうか。
 
 
もし水害(避難が必要なレベル)があった場合
 
 
外開きのドアは水圧に負けて開くことは難しいかと思います。
 
 
内開きでしたらドアノブを引いてやるだけで簡単に開くことができます
 
 
ですが、火災や地震など日本にとって身近な災害においては
 
 
外開きのドアの方が立ち止まらずドアを開けて非難ができるので、
 
 
日本においては外開きの方が合っているのかもしれません。

 

 

 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア