« 積載荷重 | メイン | 日本の玄関ドアは外開きが多い »

周波数

 

 
前々回、富山県は西日本なのか東日本なのかという記事をあげました。
 
 
その時に周波数の違いをあげましたが、
 
 
この周波数の違いとは一体どこからくるものなのでしょうか。
 
 
各所に送電する方法は、明治20年に直流による送電方法を用いられていたそうですが、
 
 
電力損失が大きいため、後に交流送電に切り替えられたそうです。
 
 
その際に導入された発電機によって周波数の違いができたそうです
 
 
西日本ではアメリカの60Hzの発電機、東日本ではドイツの50Hzの発電機が採用されたそうです。
 
 
ちなみに、国内で60Hzと50Hzに分かれるのは日本だけだそうです。
 
 
 
 

 

 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア