« 鏡開き | メイン | お雑煮 »

固定荷重

 

 

建物の構造物である骨組みや間仕切り壁などの重さ、
 
 
仕上材量・設備関係の重さを合計した荷重のことをいいます。
 
 
死荷重とも呼ばれます。
 
 
簡単にいうと建物の自重と仕上材・壁の重さの合計です。
 
 
動かない、その場に固定された荷重のことですね。
 
 
 
木造の建築物では軽く、鉄骨造で中くらい、鉄筋コンクリート造では大変重くなります。
 
 
また、柱・梁・壁・床・設備・仕上に至るまで、
 
 
構造物に付属しているものは全て固定荷重に含まれます。
 

 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア