« そもそも、なぜ木造が主流なのか | メイン | 固定荷重 »

鏡開き

 

11日は鏡開きでした。

みなさんはお餅、食べられましたか?

さて、この鏡開きですが、割るのは「お餅」なのになぜ「鏡開き」なのでしょうか。

昔、鏡開きの日は円形の鏡を奉るのが習わしだったそうです。

ですが、奈良時代のころには既に鏡餅を用いられていたそうです。

古来からお餅は歳神様のご神体であると考えられていたそうです。

餅=望月、丸い形から家庭円満を象徴すると考えられており、

縁起物としてお正月に飾られるようになったそうです。

また、餅を割るのにわざわざ「開く」というのは、

神様との縁が切れないように「割る」「砕く」という言葉を使わないためだそうです。

また、鏡餅を食べることを「歯固め」というそうで、

これは固いものを食べて歯を丈夫にし、歳神様に長寿を願うことから言われるそうです。

 

 

 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア