« 冬のエコを考える | メイン | つらい花粉症には »

花粉症

 

 

 

花粉の飛散のイラスト      くしゃみのイラスト      花粉の飛散のイラスト

 

 

花粉症

 

 

 

 

      2011年春のスギ・ヒノキ科花粉総飛散数は、過去10年(2001~2010年)平均と比較して

      近畿及び東日本で1~2倍、また、中国、四国、九州では0.3~1.1倍になる見込みです。

 

 

      それじゃぁたいしたことないや。と安心していたら、ひどい花粉症に悩まされることになる場合も・・・。

      過去10年平均自体が、近年増加傾向であることを考えてみてください。

      これは、少量飛散であった2010年と比較すると、東日本では東海を除いて1~6倍、

      西日本では近畿を除いて1~4.8倍程度の飛散になるものと思われます。

      また東海は10~16.5倍、近畿は4~10倍ととんでもない数字になっているのです。

 

 

 

 

      では、この花粉飛散数はどうやって予想されるのでしょうか?

 

      これには前年の夏の気象が最も影響しているとされています。

      2010年の7月後半から8月にかけての日照時間は関東甲信越では2009年の約2倍に増加し、

      東海から近畿以西にかけても1.5~2倍に増加していました。またご存じの通り、

      気温も全国的に2009年より2℃以上高かったこともあり、花粉飛散数は一部を除き

      過去の平均をかなり上回る地域が多くなると予想されています。

 

 

 

      さらにスギ雄花の着花予想が、昨年の夏は特に8月が異常な猛暑であったこともあり、

      2010年を大きく上回る着花量(関東南部)だったことも考慮すると、

      夏の気象条件をあわせて考えると、全国的にスギ花粉が大量に飛散するとされているのです。

 

 

 

 

 

 

      ● 花粉症は「初期療法」が効果的です!

 

 

      花粉症などのアレルギーは、症状が悪化すると薬が効きづらくなってしまいます。

      しかし軽いうちに薬を使い始めると、花粉の飛散量が多くなった時期でも

      症状をコントロールしやすく、そのシーズンの症状を軽くすることができるのです。

      つまり、花粉の飛び始める2週間くらい前から症状を抑える薬(抗アレルギー薬)の

      使用を始める治療が効果的で、これを「初期療法」とよんでいます。

      この初期療法により、「症状の出現を遅らせることができる」

      「花粉飛散量が多い時期の症状を軽くすることができる。」

      「併用する薬の量や使用回数を少なくすることができる」といったメリットがあるのです。

      毎年花粉症に悩んでいらっしゃる方で、

      楽にシーズンを乗り切りたいと考えている方にはおススメです。

 

 

 

 

 

 

       あなたは花粉症?それとも風邪?

 

 

      今年の花粉の飛散数を考えると、

      今年から花粉症デビューという悲しい現実も起こるかもしれません。

      でも花粉症と風邪は、症状がとてもよく似ているため、

      初めてかかってしまった人には判断がむずかしいものなのです。

      「風邪だろう」と思い、対応が遅くなってしまうと、先の「初期療法」ができなくなってしまうことも・・・。

      そこで、まずは次の項目を自分でチェック!

      当てはまるものが多い人は、一度病院で検査されることをおススメします。

 

         ・クシャミが続けて出る。

         ・サラサラした鼻水が出る。

         ・熱はあまりない。

         ・鼻づまりがひどい。

         ・目がかゆい。

         ・家族の中にアレルギー体質の人がいる。

 

 

 

 

-  ☆  ★  ☆  -

 

 

 

 

       「花粉症」とジオパワーシステム

 

 

      この時期にジオパワーシステム体感館に来場される花粉症のお客様からは、

      「体感館の中にいるとマスクがなくても大丈夫!」

      「花粉症の症状があまり出ない」といったお声を頂戴することがあります。

      また、実際にお住いのお施主様からも「花粉症の症状が軽くなった」

      「夫婦揃って花粉症なのですが室内ではほとんど気になりません」

      といったうれしいお声もいただいております。

      「本当?」と思われた方は、ぜひこの空間を一度お近くの「地熱の家」体感館で、お確かめください。

 

 

 

 

 お花ライン.gif

 

 

 

 

      ~ おまけ ~

 

      薬を早くから使うのがいいのか悪いのか。

      体質改善を試みるのがいいのか。

      いろいろな問題もありますが、自分にとって納得いく方法を選択してください。

      自分に向き不向きもあります。

      薬を頼らずに体質改善で症状が軽くなっている人もいます。

      でも他の人が良かったからといって自分に合うかはまた別の問題。

      花粉症とわかるのがいいのか悪いのか。これも個々で判断が分かれるところ。

      早めの対策がとれるから良いという考えもあれば

      そのシーズンの到来に精神的負担を伴うのが苦痛という方も。

      何事も向き不向きがあるのを忘れずに。

 ウサギ.gif

 

 

 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア