メイン

年賀状

|

 

 

 

年賀状

 

 

 aicon02_1.gif

 

 

 

      年賀状はもう出しましたか?

      もちろん!というかたから、これからというかたまでいらっしゃると思います。

 

 

 

      そもそも年賀状って何?と思い調べてみました。

 

 

      辞書によると 

        「新年を祝って書き送る葉書・手紙。賀状。年始状。」    (大辞林より)

      とありました。

      確かにその通りですね。

  

 

 

 

      ではもう少し詳しく。

( 日本大百科全書より)

 

 

          年賀とは、元来、高年の寿を祝うことばである。

          古稀(こき)、還暦(かんれき)、喜寿(きじゆ)などの祝いをいったものである。

          しかし、今日の年賀状は、新年の祝いの書状を略して年賀状としたものとされている。

 

          平安のころより明治の初めまで、正月には1日から15日までに、

          主君、師匠、父母、親戚(しんせき)、知人、近隣の人々に年始の挨拶(あいさつ)をする習わしであった。

          これが、郵便が簡便に送られるようになってからしだいに流行し、現在の年賀状の形となった。

 

          年賀状は、本来1月2日の書初(かきぞ)めの日に書いたものである。

          なるべく松の内(1月7日まで)に出すものであった。

          しかし現在は郵便事情により、1月1日に相手方に着くように12月に差し出すようになった。

 

 

          年賀状は、冒頭に賀詞を書く。

          「謹賀新年」 「迎春」 「賀春」 「新春のおよろこびを申し上げます」 「あけましておめでとうございます」

          などのことばが、それにあたる。

          この文字は、本文より大きく書くのが決まりである。

          年賀状は、新年の挨拶、相手方への問いかけ、自分の近況から成り立っていることを忘れてはならない。

 

 

 

 

      なるほど。

      では、もう少しちがった角度から調べてみると・・・

 

 

 

 

          明治維新後の1871年、郵便制度が確立したが

          年賀状は書状で送るところがほとんどで、数は決して多くはなかったそうです。

          1873年に郵便はがきを発行するようになると、

          年始の挨拶を簡潔に安価で書き送れるということで

          葉書で年賀状を送る習慣が急速に広まっていったようです。

 

 

 

          日本郵便においては、年賀状は「年賀特別郵便物」という一種の特殊取扱として扱われている。

          その取扱期間は2006年の場合12月15日から12月28日であり、

          その期間に年賀と朱記した郵便物について予め区分したうえで

          あて先を管轄する配達事業所(日本郵便支店・集配センター)に送付し

          同局で1月1日まで留め置かれるサービスである。

          それ以降も便宜的に受け付けてはいるが

          年賀特別郵便物の要件、すなわち取扱期間内での差出しを満たしていないため

          1月1日に配達される保証はなく、あくまでも日本郵便側のサービスによっている。

                     

 

 

 

 お花ライン.gif

 

 

 

 

      年賀状は特別郵便だったんですね。

      年賀状の受付が開始されてから、郵便ポストには年賀状はこちらへという貼紙が

      特別郵便側の受け口についてました。

      こういうことだったんですね。

      さらに、1月1日までに配達される保証は28日までだったとは・・・

      みなさんご存知でしたか?

      計画通りに準備できればもちろん28日までに投函していましたが

      そうでないときは30日や31日に投函してました。

      でも1日に届いていたのを思い出すと

      郵便局側のサービスは大変なことですね。

  

 

 

 

      今ではメールの普及によって年賀状の数も減っているそうです。

      新年明けてメールで挨拶

      こちらも年賀状とはまた違ったよさがあります。

 

      Web上で年賀状の注文ができたり、

      メールのアドレスしかわからなくても年賀状が送れる

      といったサービスも出ています。

      これは、メールもいいけど年賀状という形で受け取るのもいい

      といった認識からきているのではないでしょうか。

 

 

 

 

      たかが葉書1枚。されど葉書1枚。

      この1枚でいろいろなことがわかります。

      年賀状だけでのお付き合いになっている方もいるかもしれません。

      でも、年賀状での縁は続いています。

      多くのコトバは書かれていないけれども

      いろいろなことがわかる年賀状。

      簡単に会うことができない人が増えるにつれて

      もらう楽しみが増えていくようなきがします。

 

 

 

 雪ウサギ.gif

 

 

今年、最も後悔した買い物は・・・

|

 

 

 

今年、最も後悔した買い物は?

 

 

 

 

 money-a1-04.gif

 

 

 

 

 

      今年もあとわずか。

      この1年を振り返ってみるといろいろなことが思い起こされると思いますが、

      その中で多くの人が無駄な出費だったと感じるものがあるのではないでしょうか。

 

 

 

 tenki09.gif

 

 

 

      先日の日経新聞での記事をご紹介します。

 

 

          今年最も後悔した買い物の額を聞いたところ

          「3000円未満」という回答が7割近くを占めた。

          後悔した買い物の種類で多いのが「洋服やバック、アクセサリー類」で26%

          「パソコン、ゲーム、家電機器」8%、「健康食品・器具」7%が続いた。

          「スポーツ用品や登山・キャンプなどアウトドア用品」という人も2%いた。

 

 

          過去に後悔した買い物のエピソードを聞いたところ、

          「衝動買いについて反省している」という回答が圧倒的に多かった。

          「ネット通販で写真をみてジュエリーを買ったが、

          思っていたのと違い2回もリサイクルショップに売ってしまった」など。

 

 

          買い物をする際に後悔しないように気をつけていることを聞くと、

          「必ず現物を吟味し、他のものと比較する。

          新製品は少し時間をおいて本当に必要か確かめる」といった回答が多かった。

 

 

 

 tenki09.gif

 

 

 

      確かに買い物全てが成功ということはなかなかないと思います。

      日々のちょっとした買い物の中でも

      買う予定はなかったけれども、つい買ってしまったということもあるのではないですか?

      後悔するのは、自分が想像したり考えていた期待が満たされないときに起こると思います。

 

 

 

      そうはいうものの、福袋はちょっと違う気がします。

      確かに後悔する確立も高いです。

      なんといっても福袋には多大な期待を持ちますから。

      福袋には、選ぶ楽しみ開ける楽しみ、そして運を試す楽しみも付いてきているとおもいます。

      ちょっとしたイベントのようなものでしょう。

      どんなものが入っているのかも楽しみですが

      福袋を手にすることができるのか

      もうここから運試しが始まっています。

      

 

 

       来年はどこの福袋を手にしますか?

       考えるのも年末の楽しみですね。

 

 

      ウサギ.gif

 

 

 

忘れ物

|

 

 

 

 

忘れ物

 

 

ビール.gif

 

 

 

 

      今年も残すところあとわずか。

      年末の忙しい時期を迎え、気がつくと身の回りの大切な物が見当たらない

      という経験もよくあるこの時期。

 

 

      今までに経験した忘れ物や紛失物の最高額はどのくらいか

      これを調査した結果が日経新聞に紹介されていました。

      その結果、1万円以上という人が4割強だったそうです。

 

  

 

        金額ごとの結果はこんなかんじでした。

             ↓  ↓  ↓

        3,000円未満             36%

        3,000円以上5,000円未満      8%

        5,000円以上10,000円未満    14%

        10,000円以上30,000円未満   27%

        30,000円以上            15%

 

 

 

 

      具体的にどんなものを忘れたのかを紹介してみると

      「現金」37%が最も多く、「」23%、「コート、マフラーなどの衣類」7%

      その他では指輪、イヤリング、腕時計など見につける小物。

      一方で持ち運ぶ機会が多い「携帯電話」は2%、「音楽プレーヤー」は1%

      まめに操作する電気製品は忘れることが少ないようです。

 

 

 

 

      忘れ物に気づいたときにとった行動としては、

      必死に探したという人が多かったようです。

      当たり前といえば当たり前ですが。

      なくした経験から学んだ対策では、 「日常は高価なものを身につけない」 などの声がありました。

 

 

 

 

      なにかとせわしない年末、忘年会と飲む機会も多いこの時期だからこそ

      もう一度確認を心がけましょう。

 

 

 

 雪上の足跡.gif

 

 

 

      個人的に振り返ってみると

      忘れ物で今も忘れずに覚えているのが、購入したものを次に入ったお店に忘れてきたことです。

      店内で気が付いてすぐに探したけれども見つからず・・・。

      もちろん店員にも話しましたが見つからず。

      あっこんなところに忘れ物!もらっておこう!

      見つけた方はこんな感じだったのかも。

      自分の中ではこんな展開はありえなかったのですが、

      忘れた自分が一番悪いのはわかっているものの

      今でもまだ消化できてない忘れ物です。

 

 

      それともう一つ。

      金額的に一番高かったのが、忘れ物ではないですが遺失物で「定期」。

      6ヶ月定期を1ヶ月もたたないうちに駅で落として紛失・・・。

      定期以外にもバスなどのプリペイドカード類をまとめて入れていたので

      当然全部なくなりました。

      乗り換えの駅でなくしすぐに探したけれどやっぱり見つからず。

      券がないから乗り換えもできず・・・。

      なんといっても買いなおした定期代7万弱が一番いたかった。

 

 

      世の中いい人も多いですが、なくしたものはなかなか見つかりません。

      なくしたくないものは持ち歩かないが一番ですが

      そうはいかないものも。

      できることは、やっぱり 

       「気をつける」 「確認する」 

      これしかないでしょう。

 

 

 

 

 

リサイクルの状況

|

 

 

 

 

 

リサイクルの状況

 

 

 

 トナカイ.gif

 

 

 

 

      北陸経済研究に北陸のリサイクルの状況について記事が載っていました。

      そこで今回はリサイクルについて。

 

 

      循環型の社会の構築に向けてリサイクルが推進されています。

      数年前まではリサイクルなんてという声も聞こえていたような気もしますが

      年月をかけてじわじわと浸透してきているとおもいます。

 

 

      リサイクルに関する法律も制定されました。

      身近なものとしては、家電リサイクル法があります。

      消費者に対しての内容としては

      「エアコン、冷蔵庫、テレビ、洗濯機の大型家電において消費者はリサイクル料金を負担する。」

      といったものです。もちろん消費者だけでなく小売店やメーカー側の義務もあります。

      また、自動車リサイクル法も消費者にとっては

      車を取得するときや廃棄するときに身近に感じるリサイクル法でしょう。

 

 

 

      容器包装リサイクル法があるのを知っていますか?

      家庭ごみの約6割を占める容器包装廃棄物の有効利用促進を目的にしたもので、

      消費者にはゴミの分別の義務があり、市町村には分別収集の義務があります。

      カン、ビン、ダンボール、ペットボトル等日常的に分別しているとは思います。

      市町村によって分別の種類が異なりますが、「ゴミを分別してリサイクルする」というのは同じ。

      スーパーなどには分別ゴミを回収してくれるボックスがあるところもあります。

      決まった曜日以外にも分別したゴミを出すことができるという

      消費者にとってうれしいサービスを行ってくれる企業。

      企業には企業の事情があるでしょうが、リサイクルの推進に一役かっているのは事実でしょう。

 

 

 

      それに比べるとコンビニは大変です。

      コンビニの店員が一つ一つゴミを取り出しては、ペットボトルの分別をしている姿を見かけました。

      本体とフタ、包装フィルムを分別していました。

      それが仕事だろと思う人は日頃から分別をあまり行っていない方ではないですか。

      自分がするのは面倒、他の人が行うのが当然というのはそろそろ卒業しませんか。

      面倒だと思うななら、面倒の原因が発生しないようにすればいいのでは?

      こんな考えも一例だと思います。

      ゴミが出ないようにする → 分別の必要なし

      分別の手間も省けて、ゴミも出ない。一石二鳥です。

      ペットボトルがなかった頃はどうしていたのか・・・ということを考えてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

北陸の所有状況

|

 

 

 

 money-a1-04.gif

 

 

 

北陸の所有状況

~ 北陸経済研究より ~

 

 

 

 

 

      どんなもの所有してますか?

 

 

 

      平成21年全国消費実態調査(主要耐久消費財の所有状況)が総務省から発表されました。

      この全国消費実態調査は家計の収支、貯蓄、負債、耐久消費財、住宅・土地などの

      家計資産を総合的に調査するもので5年に1回実施されているそうです。

 

 

      具体的にどんなものを所有しているかの結果は

            ↓  ↓  ↓

      洗濯機、電気掃除機、冷蔵庫、電子レンジ、携帯電話、自動車、ルームエアコン

      これらについてはいずれも普及率が90%以上でした。

      全国的にみても同じような状況であるようです。

 

 

 

      その中で興味深い結果が・・・

      所有数が全国1位のもの(1000世帯あたりの所有数量)として

          富山県・・・温水洗浄便座、サイドボード・リビングボード

          石川県・・・洋服だんす

          福井県・・・システムキッチン、冷蔵庫、鏡台、整理だんす、ベット、薄型テレビ、小型自動車

 

 

 

      普及率が全国1位のもの

          富山県・・・システムキッチン、サイドボード・リビングボード、洋服だんす、

                 水洗浄便座、ベット、小型自動車

          福井県・・・洗髪洗面化粧台、和ダンス、鏡台

 

 

 

 

      普及率が1位ということは、各家庭に導入されている割合が高いということですよね。

      所有数量が1位ということは単純に数をもっているということになりますよね。

      そうなると所有数が首位だけれども、普及率が首位ではないということは

      所有している家には何個もあるけれど、ない家も多いということでしょうか。

      富山県の温水洗浄便座は普及率も高く所有数も高いということで

      富山県で温水洗浄便座がある家が多いということは確実にわかります。

      割合の記載がなかったのでどの程度の普及率なのかわかりませんが・・・。

 

 

 

      自動車については所有台数が1家に3台から2台に減ったりと少しずつですが

      状況は変化しているようです。

      自動車についてはすんでいる街の様子次第では富山でも1家に1台で十分ということもかのうです。

      でもこれには公共交通が利用でき、車以外の手段で必要な物事が完結できることが重要でしょう。

      コンパクトシティ富山ならば近い将来実現可能かもしれません。

 

 

 

 

 

 

がんばり過ぎない年末大掃除のススメ

|

 

 

 

 

 

がんばり過ぎない年末大掃除のススメ

 

~ 「 大地の風 」より ~

 

 

 ホウキ.jpg

 

 

 

 

      年末の大掃除、毎年どこの家庭でも当たり前にされています。

      でもただでさえ慌しいこの時期にわざわざ大掃除をしなくてもいいんじゃない・・・

      と思ったことありませんか?

 

 

 

      冬場は窓を開け放つと凍えるように寒く、水も冷たく、洗濯物もなかなか乾きません。

      締め切った部屋で強い洗剤を使って、油汚れを落としたり、

      窓ガラスの掃除をするのはとても非合理的。

      だからといって外注に出そうと思っても、

      予約が立て込んでいて丁寧な対応をしてもらえないことも多いようです。

 

 

      そこで、大掃除は年末にするもの!という固定観念を捨てて

      春先や秋の気候のいいときを選んで

      ゆっくり気持ちよく家族でされてみてはいかがですか

      慌しい師走にあえて掃除のストレスを抱え込むことはない、と割り切ることも大切です。

 

 

      とはいえ、やはり新年の年越しは、新たな気持ちで迎えたいというのも確かです。

      そんな方には、大掛かりな掃除ではなく、

      「これだけちょこっとやっておけば、身も心もリフレッシュして気持ちよく新年を迎えられそう!」

      といった、掃除する場所や内容を限定した掃除がおススメです。

 

 

      なにより大切なのは「頑張りすぎないこと」

      夢中になって作業に熱中してしまうと、一日はあっという間に終わって、疲労ばかりたまります。

      年末のお掃除は、こんなルールに従ってやってみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

      1.スケジュールを決める

          あれもこれも、と目に付いたことに手をつけすぎない。

          土日だけ、と割り切って、できることをやる。

 

 

      2.「1日2時間、午前中だけ」など、時間を決めておく

          時間になったら作業が全部終わらなくてもスパッとやめる。

 

 

      3.家族全員で取り組む

          自分だけひとりで頑張らない

 

 

      4.ごほうびを用意する

          終わったら焼肉!などのお楽しみとセットで。

 

 

 

 

 

 

      掃除する場所は、クローゼットやたんす、靴箱、冷蔵庫の中など、

      いつもの掃除であまりしないところをおススメします。

 

 

      いずれの場所も、まずは中身をいったん取り出しましょう。

      そして空っぽになったところを掃除機・雑巾などを使ってきれいに掃除します。

      取り出したものはそのまま戻すのではなく、

      ゴミ袋を準備して、いるものといらいものに分けて、いらないものは捨ててしまうことが大事。

      まだ着れるかも、と思いながら今シーズン使わなかった服、

      冷蔵庫の中で賞味期限が切れてしまっているものなどは思い切って処分しましょう。

      ここで出たごみを年内に捨てられるように、

      収集日が少ないごみが出る作業は早めにしておくといいですね。

 

 

 

 

 マドふき.jpg

 

 

 

スマートハウス

|

 

 

 

スマートハウス

 

 

 

 icon_1.JPG

 

 

 

 

      今年秋に全国にスマートハウスの実験棟が相次いで誕生したらしい。

      その中の1つが六ケ所村にあるスマートハウスの実証実験用の住宅6戸が建つ尾駮レイクタウン北地区。

      ここでは関係企業の社員とその家族が実際に暮らし、実証実験に参加しているという。

      ここでのスマートハウスとは、

         「住宅内のエネルギーを見える化することによって

                 エネルギーの需要と供給をコントロールできる住宅」

      のこと。

 

 

      家庭のエネルギー消費量は90年度比で増加しているのが現実。

      国は2020年までに90年比で25%削減することを掲げているのはみさなんご存知の通り。

 

 

 

      太陽光発電が少しずつ普及してきているなか、ハイブリッド車の充電機能を住宅にもたせ、

      家庭の電力を太陽光発電に移行しCO2削減につなげることが必須と考えられているようです。

      これは自動車そのものから排出されるCO2は少なくなるけれども、

      必要とする電力を火力発電によって生み出されたものを使うと

      トータルではCO2排出量が大きく削減されないということになるかららしい。

 

 

 

      未利用の自然エネルギーから得られるエネルギーを利用できれば

      その分CO2の排出量が減るというのは簡単に想像できる。

      わかっているけれども行動に移すのはなかなか難しい。

 

 

 

      難しい原因の一つに価格。

      技術の内容や将来的なコスト削減の内容を考えれば妥当なのかもしれないけれども

      その価格になかなか手をだすことができない・・・。

 

 

 

      トータルで取り組むことができるじだいはすぐそこまできている。

      みんなでいっせいに取り組むことができるようになって欲しい。 

 

 

 

 

 

 

 

コトバ

|

 

 

 

 

 

コトバ

 

 

 

aicon02_1.gif 

 

 

 

 

      コトバはいろいろな役割をもつことがあります。

      コトバが表すもの。

      いろいろあります。

 

      昔は普通だったのにわざわざ説明が必要になったものがあります。

      最近のものでは

 

 

 

 

 

      「 イエデン 」

          電話線でつながった家の電話のこと

 

 

      いまや電話といえば携帯電話のことを指すことが多いようです。

      家にある固定電話のことを「イエデン」と呼び、

      これがわかる世代はどのあたりからでしょうか・・・。

 

 

      新しい世帯の中には、固定電話を持たず、携帯電話のみという家庭も。

      たしかに、家の固定電話で電話の機能を使うことが少なくなっています。

      街中の公衆電話も次々に姿を消しているように思えます。

      いまや、公衆電話を探さないとならないような状態です。

      需要がなければ当然姿を消していくわけですが

      不足の事態に備えて 「ここに行けば公衆電話がある」 というのがあれば安心できるのでは?

      街中にたくさんあるコンビニにいけば公衆電話は今もあるのでしょうか?

 

 

 

 携帯.jpg

 

 

 

      「 Pーブック 」

          電子書籍が普及しているアメリカの新語で、昔ながらの「紙(paper)の本」のことを指す

          対する言葉はもちろん「e-ブック」で電子書籍

 

 

 

      電子書籍が普及し始めると電話のように「本」といえば電子書籍を指し

      「紙の本」と表さなければならない時がくるのでしょうか。

      そういえば、クリスマスの絵本でiPhoneを利用した絵本がこの前紹介されていました。

      本の形をしたケースにiPhoneを入れて、

      まるで絵本を読んでいるかのようにページがめくれ

      読み手が参加できるような様子でした。

      便利な電子書籍、手に取れる紙の書籍。

      どちらもよさそうです。 

 

 

 

☆ _ ★ _ ☆

 

 

 

 

      それにしても「イエデン=電話線でつながった・・・」というところが

      なんだかショックでした。

 

 

 

 

 電話.jpg

 

  

 

 

 

 

加賀野菜

|

 

 

 

加賀野菜

 

 

 鍋.gif

 

 

 

 

      前回は「かぶ」だったので、

      野菜つづきで今回は「加賀野菜」について。

 

      「加賀野菜」って聞いたことはあるけど、どんな野菜なのか調べてみました。

 

 

      加賀野菜とは・・・

 

          昭和20年以前から栽培され、現在も主として金沢で栽培されている野菜。

          主に金沢で栽培されている15品目が加賀野菜として認定されている。

          源助だいこん、加賀れんこん、金時草(きんじそう)などが代表的な野菜。

 

      聞いたことのある野菜もあれば、初めて聞く野菜も。

 

 

 

 ネギ.jpg

 

 

 

      さつまいも

 

         「五郎島金時」が特に有名。糖度が一般的なさつまいもに比べて高い。

         また、この五郎島金時を使用した焼酎「五郎島金時」という銘柄の酒が、販売店を限って流通している。

 

 

      加賀太きゅうり

        太さ5~7cmほどにもなり表面はなめらか。

        だし汁で煮てあんかけにしたり、味噌汁の実にしたりして食べる。

 

 

      打木赤皮甘栗かぼちゃ

        皮が赤くクリのような形をしたカボチャ。

        甘栗のような自然な甘み、風味がする。

 

 

      金時草

        葉の裏が紫色で、茹でるとモロヘイヤのような粘りが出る植物。

        酢の物や天ぷらにして食べる。天ぷらにすると癖のない味わい。

 

 

      加賀つるまめ

        白花のインゲン。油揚げなどと一緒に煮物にする。

        「千石豆」とも呼ばれ、こちらの呼び名のほうがポピュラーらしい。

 

 

      金沢一本太ねぎ

        分けつせず、軟白部は太くて長く、肉質の柔らかい品種である。

        標準の大きさは、総重1kg弱、草丈110cm前後、軟白部の長さは25cm、茎2cm程度である。

 

 

      源助だいこん

        柔らかいが煮崩れしない肉質と甘みが持ち味で、おでん・ふろふき大根に適している。

 

 

      へた紫なす

        ヘタの下まで紫色になる短卵形の小なす。

 

 

      二塚からしな

        ワサビに似たピリリとした辛みと、ツンと鼻を突く香味がある。

 

 

      せり

        長くて柔らかくてアクの少ない在来種である。

        1株の重量は約4グラム程度で、全国で最も茎が細い。

 

 

      赤ずいき

        サトイモの葉柄をずいきと言う。

        サトイモの葉柄が赤い物で、葉柄を食用とする専用の品種を「赤ずいき」と呼んでいる。

        酢の物、漬け物として食べることが多い。

 

 

      くわい

        古くから「芽が出る」ということでお祝い料理に使用される。

        特に、正月のおせち料理の食材として珍重されている。

 

 

      金沢春菊

 

      加賀れんこん

 

      たけのこ

 

 

 ダイコン.jpg

 

 

 

      「五郎島金時」を使ったお菓子をよく目にします。

      加賀野菜だったんですね。

 

      何気なく目にしているもの、当たり前だと思っているものも

      実はめずらしいものだったりすることがあります。

      それを知るのは、いろいろな人と話したり

      いろいろなところから情報を仕入れたりするとわかることが多いものです。

      身近に埋もれている新しい発見をしてみませんか?

 

 

 

 

 

かぶら寿し

|

 

 

 

かぶら寿し

 

 

 

 カブ.jpg

 

 

 

      冬といえばかぶら寿し。

      北陸の名産品の1つ、かぶら寿し

      「かぶら寿し」ってどの地域までその存在を認知されているのでしょうか。

      北陸近県の岐阜、新潟、長野まで知られているのでしょうか?

 

      東京、神奈川、静岡、茨城あたりではあまり有名ではない様子。

      ただ、最近は各地の物産展や各地域のアンテナショップがあるので

      以前よりは広まっているのかもしれません。

 

 

      でもなぜ「寿し」と名前がつくのか。

      寿しと名前がつくとご飯のようですが、

      富山で有名な「ます寿し」のマスがカブラに変わったものではないですよ。

      よく食する「寿し」とは切り離して考えてください。

 

 

 

      一体どういうものなのかを調べてみると ・・・

 

      「 かぶら寿し 」

 

        ・なれずしの一種

        塩漬けにしたカブで、やはり塩漬けにしたブリの薄切りを挟み込み、

        細く切った人参や昆布などとともに、米麹(糀)で漬け込んで醗酵させたもの

 

 

        ・正月料理の一品

        家庭で漬け込むこともあり、シーズンには「かぶらずし用の麹」がスーパーでも販売されている。

        カブのかわりにダイコンを使った「大根寿し」や、

        ブリのかわりに〆鯖、サケ、ニシンを使う地域や家も存在する。

 

 

★ ・ ☆ ・ ★ 

 

 

      このような感じでした。

      勝手な自分のイメージでは、

        「正月料理なので縁起がよく、酒の肴にぴったり」

 

 

      まだ食べたことがなくて気になる人は是非この年末年始で味わってみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体にやさしい入浴してみませんか?

|

 

 

 

           寒い冬 

体にやさしい入浴してみませんか?

 

~ 「 大地の風 」 より ~

 

 

 furo.gif

 

 

 

 

     乾燥するお肌に

 

      寒くなり、空気が乾いてきました。

      この時期になるとお肌の乾燥が気になりませんか?

      お風呂で乾燥を助長していることも・・・

      そこで今回はお風呂の入り方を考えてみましょう。

 

 

      寒くなると熱~いお湯に入りたくなりますよね。

      でも温度が上がれば上がるほど必要な皮脂まで落としてしまうので注意が必要です。

      ごしごし洗いも禁物。優しくなで洗いだけでも汚れはキレイに落とせます。

      体を芯から温めるには、入浴剤を使うのもいいですね。

      全身を潤い成分で包みましょう。

      入浴後は皮脂が洗い流されてお肌が無防備な状態。

      保湿成分のローションなどを使い、うるおいを逃がさないようにしましょう。

      そして忘れてはいけないのが水分補給。

      入浴後はコップ一杯のお水を飲むようにしましょう。

 

 

 

 

 

★ _ ☆ _ ★

 

 

 

 

 

     ゆず湯で血行促進!

 

 

      12月22日は冬至です。

      この日にゆず湯に入り、冬至粥やかぼちゃを食べると風邪をひかないといわれています。

      柚子をお風呂に入れると血行を促進し、体が芯から温まります。

      柚子の皮に含まれるリモネンという成分は、お肌をしっとりさせる効果も。

      さらに疲れを和らげ、冷え性などにも効果があるスグレモノなのです。

      ちょうどこの時期、柚子は旬をむかえます。

      柚子が手に入ったら、お風呂に浮かべて爽やかな香りを楽しんでみてはいかがですか。

 

 

 

 

 

★ _ ☆ _ ★

 

 

 

 

 

     一番風呂にはご注意を

 

      毎日の一番風呂を楽しみにしているおじいちゃん、おばあちゃんは少なくないでしょうが、

      実は高齢者にはあまり体に良くないと言われています。

      水を沸かしただけのお湯は、肌に刺激があるためです。

      人がお風呂に入ると、体内からミネラル分が溶けだして、

      お湯はやわらかくなり刺激がなくなるのです。

      一番風呂を楽しみたい方は、ゆっくりお湯をかきまぜてから入るといいでしょう。

 

      また最初の浴室は温まっていないため、ヒートショックの可能性も高くなります。

      「ヒートショック」とは、温度差のある場所の移動により体が受ける負担のことです。

      暖かい部屋から、寒い脱衣所で衣服を脱ぎ、

      寒い浴室で熱いお風呂に入るという急激な温度変化は、

      血圧や脈拍の急変動をまねくケースがあり、

      特にお年寄りにとっては深刻な自己につながりかねません。

      入浴前に浴槽のふたを開けておく、脱衣所に暖房機を置くなど工夫して、温度差を少なくしましょう。

 

 

 

      地中熱使用のジオパワーシステムは、

      自然の力で部屋ごとの温度差をつくらない「温度のバリアフリー」が特徴です。

       一度体感してみて下さい。

 

 

 

 

階段生活

|

 

 

 

階段生活

 

 

 

 

 ウォーキング.jpg

 

 

 

 

      普段運動をしていますか?という問いを健康診断などでよく聞かれる。

      普段運動している人ってどのくらいいるのでしょうか?

 

 

      運動してますか?

 

 

      ウォーキングを朝か夜と思っても、思うだけでなかなかできないのが現実。

      ましてスポーツすることもなく・・・。

      でも日常生活でのさりげない日々の筋トレが大事なのはよくわかっているつもり。

 

 

      そういえば、車生活を始める前は結構歩いていたかも。

      車でない移動手段となれば必然的に歩いたり自転車に乗ったりと体を使うもの。

      電車だって駅の階段の昇り降りを毎日繰り返していたからかなり鍛えられていたハズ。

      エスカレーターだって人が止まって混むから、横の階段を昇っていたし。

      普通にみんなが階段を利用するから何も特別なことではなかったと思う。

 

 

      そう思うと今できる階段(利用)生活は、自宅の1階と2階を行き来することなのかもしれません。

      職場の階段の昇り降りも大事。

      他にできそうな日常的な運動は・・・。

      これからは除雪!?

 

 

 

 

 冬景色1.gif

 

 

 

 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア