« 「結露」って? | メイン | 火災の備えは大丈夫? »

寒くなってきました

 

 

 

日に日に寒くなってきました

 

 

枯れ木.gif

 

 

 

      「冷えは足元から」というように、たとえ日中の外が暖かな陽射しでも、

      日が落ちてくると素足で過ごすのがだんだんつらくなって秋の訪れを痛感します。

      そろそろ暖房が必要かしら、まだ早いかしら・・・。

      そんな季節の移り変わりの時期です。

      「足元が少し寒いなぁ」という不快感、足元から忍び寄る冷えを甘くみてはいけません。

      風邪や婦人病を初めとした万病の元となります。

      ここ最近の冷え込みで風邪がはやり始め、

      遅い時間まで患者さんがたくさんいる病院をよく見かけるようになりました。

 

 

      一戸建ての場合、2階以上はまだそれほど顕著には冷えを実感しないかもしれませんが、

      1階は日に日に冷え込んできます。

      こんな足元、床からの冷え感を強く感じるのがあ、フローリング、天然石などを使った床材です。

      畳、カーペット敷の部屋に比べて、これらの部屋がひときわ「冷える」のは、

      夏場であれば素晴らしいメリットなのですが、秋冬にはとても迷惑なものになってしまいます。

 

 

      ここでGEOパワーシステム(地熱)の家をちょっと紹介します。

 

      床下にはグリ石が敷き詰められていて、

      地中で熱交換されたほんのりとあたたかい熱がその部分へ送り込まれ熱を蓄えているので、

      床面の温度が急激に変化したり、低下したりすることを防いでくれています。

      これにより足元から冷える、という感覚はほとんど受けません。

      床がほんのりと暖かくなっているので、

      足元が暖かく感じるのです。

      さらに、家全体の空気をゆるりと循環・換気させるので

      暖かい空気が天井付近にたまったままだったり

      部屋の空気がよどんだままということもありません。

  

 

      今お住まいの家の床下に、GEOパワーのグリ石を敷きこむ場合は、

      床をはがして・・・ということになります。

      このリフォームをきっかけに家全体を見直すのも一つの方法ですね。

      暖かくしてもすきまだらけでは熱はどんどん逃げてしまいます。

      断熱を見直してみたり、窓を見直してみたりと全体に目を向けるいい機会です。

      もちろん、新築の時から家全体に目を向けることができれば

      一番いろいろなことが計画しやすいです。

 

 

      リフォーム工事までしなくても、今お住まいの家の床を暖かくするもっとも手っ取り早い方法は、

      あたたかなラグを敷いてしまうこと!

       「防寒」という観点ではその「重ね敷き」がおすすめです。

 

 

      例えば、床に近い(冷気に近い)部分にはウール素材のキリム(トルコの毛織物)を敷き、

      肌触りが気になる(じかに床に座るような)部分には柔らかなコットンラグを重ねて敷けば、

      暖かさも得られて、どんどん移り変わっていく季節に少しずつ対応していけます。

      また、ラグを交換することで部屋のイメージも変わりちょっとした模様替えにもなります。

 

 

      敷物は、リビングや子ども部屋など以外にも、

      キッチン、洗面所といった「こんなところにも?」という場所で試してみると意外な効果が実感できますよ。

      ただし、滑って転倒したりしないように敷くときにも注意してくださいね。

 

 

 

秋ライン.gif

 

 

 

 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア