メイン

 

 

 

季節の移り変わりに・・・

衣替えの頃

~ 「大地の風」より ~

 

 

ススキ.jpg

 

 

 

      衣服の分類・収納を簡単にするコツ

 

      10月といえば「衣替え」のシーズンです。

      収納スペースに余裕があって、衣替えなど必要のない方もいらっしゃるかもしれませんが、

      たいていの家では少なくとも年に2回はしなければならない季節行事。

      ですが、特に子どものいる家庭では、

      小さくなって着られなくなってしまった服なのか、

      まだ着られる服なのかを考えながら1枚ずつチェックしているとあっという間に時間が過ぎて、

      結構な重労働になっていませんか?

 

 

 

      そこで、「衣替え」をちょっとだけラクにするコツをご案内します。

 

      1つ目は、服をチーム分けすること。

      着るシーズンでまとめてチームを作り、チームごとに整理して

      収納ケースなどに入れておくと、衣替えも比較的簡単に行えます。

 

      チーム分けの基本

        ・真冬の厚手服チーム

        ・真夏にしか着ない服チーム

        ・秋冬の薄手服チーム

        ・春夏の薄手服チーム

      といったところでしょうか。

      あるいは、年間を通して着るチームというカテゴリーがあってもいいでしょう。

      その場合は、通年の衣類を出し入れしやすい場所にしまいます。

 

      また、普段から引き出しケースに服を収納している場合は、

      同じ型の収納ケースを衣替え用にも準備しておくと、

      中身の引き出しを入れ替えるだけなので、よりいっそう衣替えが簡単にできます。 

        ( ↑ ↑  これは簡単! 取入れやすいアイディアかも・・・ )

 

 

       そして2つ目は潔く捨てる、またはリサイクルすこと。

 

 

      住む家や部屋のスペースで、収納できる服の量は限られています。

      衣替えの季節になると、「去年は収まったのに今年は入らない!」

      という困った事態になる人も多いはず。

      そこで新たな収納ケースを買い足すと、入れ替える服の数がふえるばかりです。

      服の絶対量を決めて、増えたら処分するというのが素直な解決策ではないでしょうか。

      着ていない服が、誰にでも必ず何着かあります。

      衣替えのタイミングで処分が来シーズンのためになるのです。

 

 

      捨て時の目安

        ・今シーズンとうとう着なかった

        ・過去3年ほど着た覚えがない

        ・サイズが合わなかった

        ・すでに流行遅れになっている

        ・傷、型崩れ等見た目の劣化が明らか

 

      こんな捨てドキの目安を参考にして、実行してみましょう。

      もちろん、自分は着なくても他の人だったら着られる場合もあるので、

      フリーマーケットやリサイクル店、あとお友達と交換なんていうのもいいですね。

 

      特に子供服は1シーズンでサイズが合わなくなってしまうもの。

      数回着用しただけで捨ててしまうよりも

      必要としている方にさしあげるのもいい方法ではないでしょうか。

 

 

      衣替えと一言で表すのは簡単ですが

      どの方法も案外パワーが必要です。

      楽しみながら衣替えができる方法を自分なりに探してみましょう。

 

 

 

 秋ライン.gif

 

 

 

残暑の疲れの出やすい季節です。

|

 

 

 

 

残暑の疲れの出やすい季節です

~ 「大地の風」より ~

 

 

お月見ウサギ.gif

 

 

 

      各地で最高気温の記録を更新し続けた長い夏もようやく終わり、

      すがすがしい秋がやってきました。

      日中はとても過ごしやすいこの時期ですが、昼夜の気温差が激しく、

      残暑の疲れがたまったままの体には負担が大きく、体調を崩しやすい時期でもあります。

 

      ジオパワーシステムは、地中5mのその地域の年間平均気温とほぼ同じ

      安定した地中の温度を利用することで、

      日々変化する外気温度を

      暑い時にはある程度冷やして、寒いときにはある程度暖めて建物内へ導いてくれています。

      つまり、ジオパワーシステムにより1年中、そして1日中、

      建物内の急激な温度変化を抑え、体に掛かる負担を軽減する働きをしてくれているのです。

 

      実際にシステムを導入いただいた全国のお施主様からも

      「日中と朝晩の温度差や、建物内の温度差が非常に少なくなり過ごしやすいです」

      「友人が、どの部屋に行っても温度が一定だねといっていました」といったお声をいただいております。

 

      夏や冬と比べてシステムの効果がわかりづらい時期ではありますが、

      ジオパワーシステムは1年中1日中、建物の基礎空調を行っています。

      ジオパワーシステムが創りだす空気を是非一度「体感」に行ってみませんか?

 

 

           基礎空調・・・地中熱利用システムを完結に表現した造語

              温度調節できる空調とは違い、換気をしながら室内温度の底上げ、

              底下げをして従来の冷暖房の使用率(消費エネルギー)を抑えること

 

 

 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア