« 夏を快適にすごすために・・・ | メイン | 富山といえば・・・「おわら風の盆」 »

国宝 瑞龍寺

 

 

『 瑞龍寺 』

 

 瑞龍寺.jpg

 

 

      8/8~10に瑞龍寺夏のライトアップが行われました!

      高岡市にある瑞龍寺。

      国宝に指定されています。

      訪れたことはありますか?

 

 

      ライトアップは夏と冬に行われています。

      光と音の競演、

      明るい時間に眺めるのとはまた違った雰囲気をかもし出していました。 

      平日夜の催しにも関わらず、多くの方がいらしてました。

 

 

 

葉っぱライン.gif

 

 

 

      そこで「瑞龍寺」について調べてみると・・・

~北日本新聞社より~ 

 

      瑞龍寺の縁起と国宝指定について

        高岡山瑞龍寺は、高岡の町を開いた加賀二代藩主・前田利長が、

        慶長18年(1613年)に高岡に建立した法円寺が前身で、

        利長の弟、三代藩主・利常が兄(慶長19年没)の菩薩を弔うため、

        三十三回忌法要後(1645年)、寛文3年(1663年)の五十回忌法要を目指し

        約18年の歳月を費やして建立された曹洞宗寺院。

        一直線に並べた主要伽藍を中軸に、左右対称の整然とした伽藍を有することから

        「伽藍瑞龍寺」の名で知られている。

        平成9年(1997年)12月、近世寺社建築を代表する第一級の建造物として、

        瑞龍寺「仏殿」、「法堂」、「山門」の三棟が国宝の指定を受けた。

        「瑞龍寺の仏殿、法堂、山門は、それぞれがきわめて優れ完成度が高く、

        三者が並ぶ配置構成がきわめて均衡が取れた美しい比例を示しており、

        我が国の社会・文化に影響を及ぼした曹洞宗の建築を知る上で

        特に深い意義を有している」として、国宝指定基準を満たすものと認められた。

 

 

 

       改めて調べてみると今までとまた違った見方ができるものです。

      もっとこのライトアップを他県にも知ってもらいたいです。

      国宝にふれる機会はなかなかないもの。

      次回の冬にも期待したいですね。

 

 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア