メイン

熱中症にご注意!

|

 

 

海島ヨットライン.gif

 

 

        連日、暑すぎる日々が続いています。

        熱中症のニュースも連日流れています。

        去年が冷夏だっただけに、今年の暑さは体にこたえます。

  

        例年と少し違うなと感じるのが

        どこに行っても「 エコ 」を感じることが多くなったことでしょうか。

        例えば、お店には発熱したときに利用する氷枕が

        寝苦しい夜、昼寝用にと目立つところで販売されていました。

        さらにすぐ利用できるように、アイス売り場の一角に氷枕が売っていたり・・・。

 

        エコとは違いますが、なぜか夏になるとビアガーデンがはやります。

        暑い中で冷えたビール。

        きっとビールがおいしいのでしょう。

        でも、わざわざ屋外の暑い中で飲みたいと思わせるものってなんなんでしょう。

        不思議です。

 

 

        屋内の冷房で冷やされた中で長時間すごしたり、

        外でたくさんの汗をかいたり、

        冷えた場所と暑い場所(温度差の大きい場所)を行ったりきたりしたり、

        どこにいても体力を使い、体が疲れやすくなってます。

        体調管理には十分きをつけましょう。

 

 

        ところで 「熱中症」 って・・・

        熱中症とは暑熱環境で発生する障害の総称で、

        熱失神、熱けいれん、熱疲労(熱ひはい)、熱射病などに分けられます。

        この中でもっとも重いのが熱射病で、これは死亡事故につながります。

        熱中症は、体の中の熱と外の暑さや湿度が影響しあって引き起こされます。

        また、暑い時に発生するというよりも、暑さに馴れていない場合に多く発生します。
 

 

        強い陽射しの下にいるときは帽子をかぶったりして気をつけている方も多いと思いますが

        室内で発症するのも多いようです。

        家の中だから大丈夫とは考えずに注意しましょう。

        電気代がもったいないからエアコンを我慢するというのも

        度が過ぎればとても危険です。

        何事も適度が大切ですよ。

 

        

 

 

 

 

梅雨あけ☆

|

 

 

 tenki03.gif        tenki02.gif

 

 

 

    今日北陸地域の梅雨明けが発表されました!

    なんていうか、

    えっ!?もう梅雨明けしたの?

    と思うくらいあっけなく梅雨あけです。

    ちなみに昨年は梅雨明け日は特定されておらず

    なんとな梅雨が明けていたみたいなかんじだったようです。

 

    昨日までは激しい雨&落雷でした。

    他の地域ほど激しい雨でなかったのか

    運良く災害もみられなかったようです。

 

    それが、一晩あけたら昨日までがウソのような晴天!

    天気がいいっていうよりも、むしろ良すぎて太陽に焼かれているようでした。

    ここまで陽射しが強くて、気温が高いと 「夏」 を感じますね。

 

    これからしばらくは台風が来ないことを祈るばかり。

    暑いからって連日冷房の中ですごしていると

    体が疲れやすくて常に疲れを感じるようになってしまいますよ。

    エアコンもいいけど、たまには窓を開けて扇風機うちわ風鈴など

    夏のアイテムを使って涼んでみませんか?

 

風鈴.gif

 

 

 

  

 

エコ平板設置!

 

 小矢部エコ平板01.JPG

 

葉っぱライン.gif

 

 

 

 

    小矢部市の国道471号線の歩道整備の工事が進んでいます。

    石動駅前の加越能鉄道の石動駅前のバス停に

    エコ平板が設置されました

  

 

 

    小矢部エコ平板02.JPG

    こちらは小矢部市の石動中学校をモチーフにしたものです。

 

 

 

    小矢部エコ平板03.JPG

   こちらは小矢部市の武道館をモチーフにしたものです。

 

 

    エコ平板とは・・・

        NPO法人エコ平板・防塵マスク支援協会が普及活動につとめていて、

        エコ平板は30cm四方のコンクリートに建設現場から廃材として出る

        石、レンガ、瓦などを細かく砕いて、コンクリート平板の上に張り、

        色彩豊かな モザイク模様に仕上げたオリジナル製品です。

        協会の認定を得た全国7ヶ所の授産施設や養護学校に通う

        軽度の知的障害者が製作を担当しています。

 

    もっと詳しく知りたい方はこちら ↓ ↓

        NPO法人エコ平板・防塵マスク支援協会

                  http://www.eco-heiban.com/

   

    

    今回は高岡市の知的障害者施設・県立新生園で製作されました。

 

    是非、エコ平板を見に小矢部市の石動駅前のバス停に見に行ってみてください。

    目印は駅前のサークルKですよ。

 

 

 

 

夏を健康的に過ごすために・・・

|

  

 

 

 

bennti.jpg

 

夏を健康的に過ごすために・・・

~ 大地の風 より~

 

 

 

    四季のある日本だからこそ毎年迎える

    「汗をかくのがイヤだから」「暑いのはガマンできない!」と冷房に頼りきっていませんか?

    特にたくさんの人が同じ建物で働いているオフィスなどでは、

    ガンガンに冷房をかけて「寒い!」と感じた経験はありませんか?

    今回は、こういったことから起こる『冷房病』について考えてみましょう。

 

    「冷房病」とは、夏季に冷房されているオフィスや室内で起こる症状で、体や足がだるい

    疲れる体や足が冷えるなどのほか、胃腸障害神経痛生理障害などの症状も現れます。

 

    原因は過冷房、すなわち冷房温度の下げすぎで、室温が25℃以下になると

    このような症状が多くなると言われています。

    夏の暑さになれている体で、しかも夏の軽装のままで、長時間にわたって

    外気温と温度差の大きい冷気にさらされると、体温調節機能が低下し、「冷房病」となってしまいます。

 

    最近では省エネルギー対策の一環として、

    冷房温度を28℃にしようという動きが浸透してきたため、

    以前のような「冷房病」の多発はみられなくなったものの、

    女性の方で「冷房病」に悩まされている人は少なくありません。

 

    女性に「冷房病」が多くみうけられる原因としては、

    まず男性よりも薄着であることが多いということ、

    そして熱を造りだす筋肉が男性より10%ほどすくないこと、などが挙げられます。

 

    ではどうすれば「冷房病」にならないのでしょうか?

    筋肉を作りましょう!といったところで、すぐにはできるものではありません。

    より簡単な方法としては、冷気から体を守ることです。

    たとえば、冷房の設定温度を少し高くする、寒いなと思ったときにすぐに羽織れるように

    カーディガンやひざ掛けを用意しておく、といったことを実践してみてください。

 

    また、食べ物に気をつけることも大事です。

    体の熱を作る働きがあるのはなんといってもたんぱく質

    消化吸収時の発熱が抜群に高く、からだの中から熱を発してくれます。

 

    たんぱく質が多く含まれる食品としては、

    魚や肉類、たまご、チーズ、豆腐などの大豆製品があげられます。

    夏になると食欲が落ち、魚や肉を避ける人もいるかと思いますが、

    まったく食べないというのはNG。

    意識して少しでも摂るようにしたいものですね。

 

               tenki02.gif

 

    これから暑さの厳しくなっていく季節になります。

     体調管理のためにも、地球環境のためにも

    冷房のかけすぎには注意しましょう!

    涼し過ぎるところから急に暑いところへいくと体に大きな負担になります。

    建物の内外だけではなく、家の中での温度差にも十分気をつけましょう。

    

 

 

 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア