« 富山県って・・・(その1) | メイン | 富山県って・・・(その3) »

富山県って・・・ (その2)

 

 

富山県って・・・ (その2)

 

ライチョウ.jpg

 

 

    今回は前回の富山県の概要の中の項目をもう少し詳しく調べてみました。

    どの部分かというと

        「 県鳥 ・・・ ライチョウ 」

                           というあたりです。

    県獣ではありませんよ。

    こちらはまた後日。

 

 

  立山のライチョウ(富山県立山センターより)

      丸い身体、ゆったりとした動き、小さいヒナの姿、立山で出会うライチョウは、ほんとうに愛らしい烏です。

      その愛らしい鳥は、また、日本で最も苛酷な環境で生きる鳥でもあるのです。

 

    生息状況

      日本に推定数で3000羽程しか生息しておらず、

      その生息域も中部山岳の高山地帯という限られた地域です。

      富山県には全体の3分の1にあたる約1300羽が生息し、中でも立山は、

      日本の中で最もライチョウの生息数が多い所として知られています。

 

    県鳥の指定

      日本アルプスの代表的な高山鳥であり、昭和30年に特別天然記念物に指定されています。

      富山県では、県民が仰ぎ親しんできた霊峰立山に多く生息し「神の使い」として大切にされてきたことから、

      昭和36年に県鳥に指定しました。

 

    ライチョウという名

      雷雨がやってくるような雲の多い日や霧の多い朝夕にはワシやタカに襲われる危険が少ないので、

      こんな時にハイマツの下から出て活動することが多いことや、

      「ライチョウが出ると雷が鳴ることがある。」などの言い伝えから来ているようです。

 

 

    ライチョウの一年

 

    (繁殖期・ナワバリの形成)

      4月下旬、雪どけがはじまり、オス同士のナワバリ争いも観察されますが、

      多くの場合、同じペアが前年と同じ場所にナワバリを形成します。

      4月~6月にオスはメスにプロポーズし、やがてメスは産卵を始めます。

 

    (見張り・ヒナの誕生)

      メスは卵を抱きはじめて21~22日後、7月上旬にヒナが誕生します。

      メスが卵を温めている間、オスはナワバリを守るため見張りをします。

      誕生したヒナは母鳥の腹の下で暖めてもらい羽毛が乾くころには歩き出すことができます。

      いよいよ巣立ちです。

 

    (母鳥とヒナの生活)

      巣立ち後、母鳥と一緒の生活を送ってきたヒナは、秋になると母鳥と同じくらいの大きさに成長します。

      初雪の降るころには、近くのオス、メス、若鳥が一緒になって群れを作りはじめます。

 

    (群生活)

      高山帯が雪景色に変わるころ真っ白な冬羽に変わります。

      高山の大雪と強風を避けるかのようにやや標高の低い森林で群生活をします。

 

 

    換羽

      季節に応じて極端に体色が変化するライチヨウの換羽は、保護色としてよく知られています。

      ライチョウは、1年に3回換羽します。

 

    

      ライチョウの餌は、主に植物です。花・芽・果実・種子・葉・茎と、苛酷な環境で暮らすせいか、

      その利用部位は多岐にわたります。

      植物以外では、春から初夏にかけて雪上に落ちたハエやガの仲間、

      初夏から秋口にかけてはアリやクモ、そしてミヤマフキバッタなど、

      動物質の餌をついばむ様子が見られます。

 

 

葉ライン.gif 

 

 

    立山に登ったことがないので

    立山に生息する雷鳥はみたことがありませんが

    動物園でお目にかかったことがあります。

    まだ、慣らし中だったのでカゴのなかに入ったままでよく見えなかったので

    印象があまり残っていませんが・・・。

    生きた化石ともよばれているらしく、

    ライチョウも生き延びる為に高山に生息するようになったのでしょうか?

    少しだけライチョウのことがわかったような気がします。

 

 

 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア