« おみやげをいただきました! | メイン | チャレンジ!エコライフ »

朔日饅頭

  

 

 

    6月1日、富山では日枝神社の「山王まつり」です。

 

    山王まつりといえば神輿と獅子舞でしょうか。

    前田建設の本社にもお獅子とお神輿がきましたよ。

 

獅子.JPG      獅子2.JPG

 

    山王まつりとみこし ・・・というのを見つけました。

        元禄3年(1690年)二代富山藩主・前田正甫公が、神輿二基を寄進したのが始まりで、

        それ以来「山王まつ  り」の6月1日には、富山城へ神輿渡御の神事が行われるようになり、

        氏子各町をご巡行になりました。

        この古例が今日まで伝承され、神輿渡御はいまでも厳かに行われています。

        この氏子みこし巡行祭は神社の本神輿が神社にお帰りになられるのを、随行奉送し、

        祭りに花をそえた故事があり、現在の氏子みこし巡行祭に受け継がれています。

 

 

    そして、6月1日といえば「朔日饅頭」

    「ついたちまんじゅう」と読みますよ。

    お饅頭についてきた説明によると・・・

        古く前田家11代藩主治脩公の時代から、

        富山市には「朔日饅頭」と名づけて6月1日に饅頭を食べる風習があります。

        六月は麦の季節、五穀豊穣を願い、併せて脚気に効くと言われる「麦」、

        さらに糀を使った饅頭は胃腸に優しい整腸剤として・・・。

 

 

 

竹林堂.JPG    竹林堂2.JPG

 

    日枝神社祭礼の朝は、朔日饅頭を食べるのが富山の行事になっています。

    このお饅頭を買う為にみなさん朝早くから並んでますよ。

    なんとお店の開店時間は朝の5時

    もちろん開店前からみなさん並んでいます。

    すごいです。

 

    私たちが頂いたお饅頭、

    実は社長が早朝に並んで購入してくださったものなんです。

    みなさんお饅頭買われましたか?

 

 

 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア