« 富山県って・・・ (その2) | メイン | 夏を健康的に過ごすために・・・ »

富山県って・・・(その3)

 

 

富山県って・・・ (その3)

 

  ニホンカモシカ(全身)

写真:三重県立博物館より

 

 

    今回は前回に引続き富山県の概要の中の項目をもう少し詳しく調べてみました。

    どの部分かというと

        「 県獣 ・・・ ニホンカモシカ 」

                               というあたりです。

 

 

 

  ニホンカモシカ

      分類 ・・・ 哺乳類 偶蹄目 ウシ科

      異名 ・・・ クラシシ、アオシシ、カモシシ

      分布 ・・・ 日本の本州・四国・九州

      環境 ・・・ 山岳

 

    オス、メスともにつのがあり、長さは8~19センチメートル。

    つのはオス・メス共に枝わかれしないつのがある。

    つのは骨なので、はえかわらない。( ← へぇ~。角は骨だったんですね。)

    切り株や小高いところに登り、食物を反芻して休んでいることが多い。

    ( ← まずは食べ物を食べられるだけ飲み込んでしまって、あとからじっくりかみしめるということかしら?)

    生活は「孤独(こどく)な動物」と言われるように単独か、親と子の家族群で生活していることが多い。

    眼下腺から出る甘酸っぱいにおいの分泌液を木の枝などにこすりつけ、

    マーキングを行なう。

    特別天然記念物の指定を受けている。

 

 

 

    身近なところでは富山市のファミリーパークでニホンカモシカに会えるようですよ。

    それから、まれに市街地でもお目にかかれるかも。

    2009年6月28日には富山市の中心市街地にニホンカモシカが姿をあらわして

    ちょっとした事件になってましたし。

    駅でバッタリカモシカに会ってしまったら・・・

    驚きすぎて反応できないかもしれないですね。

 

 

 

 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア