メイン

小矢部といえば・・・メルヘン?

|

 

 

  梅.JPG

 

 

    小矢部といえば「メルヘン建築」 ?

    田園風景のなかの西洋風の建物に賛否両論はあるみたいだけど

    昭和51年から建てられたメルヘン建築は35あります。

    時を経るとともに周囲の自然にとけ込む

    おやべの公共建築物といってもよいのではないのでしょうか。

 

    35のメルヘン建築物は、市内の子どもから大人、お年寄りに至るまで

    各々を対象としており、文化的な地域づくりに貢献しています。

    小矢部市のホームページにもメルヘン建築について紹介されています。

    それから、他の方々のページでも紹介されていますよ。

    是非さがしてみてみてください。

    さらに実際に足を運んで見に行ってみてください。

     ちなみにYahoo!トラベルでも紹介されてましたよ。

 

 

    学校や公民館がメルヘン建築というのもちょっと憧れませんか?

    特に子供たちが利用する保育所や小学校は

    子供たちも喜んでいるのではないでしょうか?

    それとも、地域では当たり前になっていて普通な感じなんでしょうか?

 

 

 

 

温度差が大きい毎日です

|

   

         

 

 

103.jpg     

 

 

    昼夜の温度差が大きい毎日です。

    特に今月は昼夜だけでなく日々の温度差も大きいですよね。

    そこで今回は「温度」について。

~ 「大地の風」より ~

 

    4月は新年度・新学期の時期であり、新しいことの始まりに心の浮き立つ時期ですよね。

    日差しも強くなり、少し前の肌寒さがウソのように、過ごしやすい季節になりました。

    さっそくお花見等のレジャーをご計画中の方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    しかし、昼間が暖かいからといって、夕方から夜にかけてのお花見にはちょっぴり注意が必要です。

    春になったとはいえ、この時期に気をつけたいのは「昼と夜の温度差」

 

    日中のぽかぽかとした暖かさと、夜間から明け方の肌寒さ。

    冬の暖房に慣れてしまった私たちの体は、この極端な温度差についていけず、

    体調を崩してしまうことも少なくありません。せっかくの心浮き立つようなこの時期に、

    体調を崩して家でひとり寝込むなんてできれば避けたいものです。

    ではどうすれば体に負担をかけることなくこの時期を乗り越えられるのでしょうか?

 

    快適な室内環境を維持し、体に負担をかけないいようにするために気をつけなくてはならない

    「温度差」には先に述べた「昼と夜の温度差」、つまり

      ①「時間による温度差」

    そして次に述べる2つの「温度差」があります。

      ②家の内外・居室間の温度差などの「水平方向の温度差」

    これは空調をしている部屋とそうでない部屋、またはトイレと廊下、浴室などとの温度差をさしています。

      ③室内の上下間の「上下温度差」

    これは、床と床から1.2m及び天井との温度差を指しています。

 

    この3つの温度差をなくすことで、室内環境は良好となり、私たちは快適な生活をおくれるのです。

    これらの温度差をなくすことを「温度のバリアフリー」ともいいます。

    では、これらの温度差をできる限りなくしていくにはどうしたらよいのでしょうか?

 

    これらの温度差をなくすためには、一度調整された室温度長時間維持させることが最大のポイント。

    そのためには、躯体・空調・換気の要素をバランスよく整えることが必要になります。

    躯体はもちろん高気密・高断熱で、そして、24時間空調が基準となりますが、

    光熱費がかかるのでなかなかむずかしいという方もいらっしゃるかと思います。

 

    (ココからはちょっと宣伝もかねて・・・)

 

    GEOパワーシステムなら、換気システムの動力だけで、

    これらの「温度差」をなくすような働きを24時間してくれているのです。

    「昼間のぽかぽかとした暖かさを、少しでも夜間にもっていくことができれば・・・」

    と考えたことはありませんか?

 

    GEOパワーシステムは基礎部分が蓄熱層になっており、

    建物内の空気を計画的に循環・換気させることで昼間の暖かさを蓄熱しています。

    空気の通り道に蓄熱層があることで、室内に送られる空気は安定した温度になります。

    GEOパワーシステムを導入した建物のこの時期の特徴として、

    夜間から明け方にかけての室温の低下が抑えられることがあげられます。

    これにより1日中建物全体を温度差の少ない住空間にすることができるのです。

 

 

 

桜の季節ですよ

|

 

 

 さくら1.JPG

 

    すっかり春になりました。

    まだ時々寒い日はありますが、春の暖かさを感じる日が多くなりましたね。

    富山市は先週満開でしたが、

    お花見はされましたか?

 

    桜の中でもソメイヨシノは葉が出る前に花が咲き、

    満開に咲くとうっすらとしたピンク一色になります。

    そして木の幹が少し黒っぽいのがまた対比になって

    なんともいえない美しさがありますよね。

    花びらが風によってハラハラと散る様も素敵です。

  

    眺めるだけでも桜みました?

    まだという方、まだ間に合う桜があると思いますよ。

    探してみてください。

 

 

 

 

ラ・鉄骨.JPG

 

    工事途中の現場の進捗状況です。

    工事は順調に進んでおりまして、こちらは骨組みの写真です。

    建物のボリュームが見えてきました。

    どんな感じに仕上がっていくのか楽しみですね。

 

    ご近所の方々にはご迷惑をおかけしますが

    完成まで暖かい心で見守ってください。

    よろしくお願いします。

 

 

 

 

補助金の公募が始まりました!

|

 

 icon_1.JPG

 

    4月に入り、季節も少しずつ落ち着いてきて

    なにかそろそろ始めようかなという人も多いはず。

 

    今日から地熱を利用したジオパワーを含め、高効率なものに対する

    補助金の募集が始まりました!

    いいものであっても金額が高いとなかなか導入できないもの。

    補助金が受けられる可能性のある今がチャンスです。

 

    ジオパワーを導入してみたいなと思っている方、

    この機会に検討してみませんか?

 

    なにごとも、もらえたらラッキー☆と思っていないと

    欲がでてきてあまりいい結果に終わらないのでは?

    どうです?

    なにかこころあたりはありませんか?

     ほら、あんなことやこんなことが思い浮かびませんか。

 

 

 

 

 

 

バナーエリア