富山の前田建設 技術・サービス 地熱の家

地代を超えた、最新の技術力 空間創造。

技術・サービス

「地熱の家」は、自然の恵みを最大限に生かしたジオパワーシステム(地中熱利用換気システム)は、夏、冷んやりした地中の冷気、冬、ほんのり暖かい地中の暖気、四季折々の浄化した快適な自然空調を、部屋中至る所にエアサイクルする、画期的な超自然冷暖空調の家です。--人を育み、自然環境に調和し、豊かな未来に繋ぐ時代が求める、自然エネルギー「地中熱」。
  1. 「地熱の家」は、自然の恵みを最大限に生かしたジオパワーシステム(地中熱利用換気システム)を用いて、夏、冷んやりした地中の冷気、冬、ほんのり暖かい地中の暖気、四季折々の浄化した快適な自然空調を、部屋中至る所にエアサイクルする、画期的な超自然冷暖空調の家です。

夏 熱気を外へ排出し、地中熱の冷気は室内へ。

夏	熱気を外へ排出し、地中熱の冷気は室内へ

半永久セラミック炭を部屋、床下等に活かすことにより、防腐作用/防臭作用/マイナスイオン効果/電磁波を遮断/湿度調整等の様々な効果を生み出します。

 夏期の外気温度: 30-35 度

 夏期の地中温度: 15-17 度


夏期は、室内の温められた空気が上昇気流で天井裏にたまり、設定温度以上になると自動的にファンが回り、熱気を屋外に放出します。同時に外気を取り入れ、地中パイプに送り込んで、冷やしてから家の中に取り入れます。この空気の循環で建物全体を冷やします。


冬 地中熱・太陽熱の暖気を利用し、冷気をシャットアウト。

冬	地中熱・太陽熱の暖気を利用し、冷気をシャットアウト

集熱パネルが太陽照射熱を吸収。冬、パネル温度が室温より高くなると、暖かい空気が室内に送り込まれ、快適な暖房空間を創ります。逆に夏場は、吸収された熱を屋外へ排出することで、屋内への熱の侵入を防ぎます。

冬期の外気温度: 0-5 度

冬期の地中温度: 16-18 度


冬期は、天井裏にたまっている暖気をダンパーから強制的に床下へと送り込みます。その熱と冬でも安定した温度の地下の暖気を、家の基礎部分に敷き込んだ「グリ石」に蓄熱させ、建物全体を暖める仕組みです。

地下3.5〜5mの秘密

地下3.5〜5mの秘密

地下3.5〜5mの温度は外気にあまり影響されず、一年中、ほぼ一定です。そして、地表の気温に対して、かなりの時間的なズレが生じます。夏場には、冬、冷やされた地中熱を、冬場には、夏の間、暖められた地中熱を利用できるわけです。

ジオパワーシステム「地熱の家」を設計してみましょう。

エアコンをなるべく使わない家づくりの設計をしてみませんか?
設計依頼はもちろん無料ですので、お気軽にご利用ください。

「地熱の家」を設計してみましょう。