« 本床 | メイン | 床脇・違棚と袋戸棚 »

特殊床

 

 
 
上段床は最も格式の高いものだそうで、
もともとは縁側に桔出した書院地板を机とし
落とし掛けから暖簾を垂らし、中に身を隠すものだったそうです。
床というより上段の間に相当し、
大きさは2~4.5畳くらいですが、今ではほとんど見かけません。
 
 上段床.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
蹴込床は床框がなく、床板の下に蹴込板を入れた床で、
蹴込板の下部は畳寄せ上端に彫られた小穴に入れ、
上部は床板の小穴に入れます。
 
 
 蹴込み床.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
 
 
琵琶床は達磨床ともいい
書院に接し床框から約15㎝高い所に四角い板を束に乗せたものです。
 
 
琵琶床.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
洞床は、床の間の壁三面、天井全部を塗壁仕上とし、
角に丸味をつけた床で、床柱、床框、落し掛けは丸太、竹等を使います。
落し掛けも塗り込んだものを「塗回し床」といいます
 
洞床.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
袋床は正面片方か両面手前に袖壁をつけた床で、お洒落な座敷向きです。
 
 
袋床.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
踏込床は床の高さを畳面と同じにした床で、地板を敷いた床の間です。
 
 
踏込み床.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
織部床は最も簡単なもので奥行きがなく
柱と柱の間、天井回縁の下に幅約25㎝の幕板を貼り、
約5~10㎜、壁面より出して柱の小穴に入れ、
軸掛釘を回縁から約3㎝下がった所へ打ちます。
 
 
織部床.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
釣床は天井から吊束を下げ、これに落とし掛けを掛けたものです。
また床框の形に枠を組んで、畳の上に置くだけの置床もあります。
最近では床の間の奥行きが減少し、30~60㎝のものもあるそうです。
 
 

釣床.jpg

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

最近の社員ブログ記事

バナーエリア